こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

ボーンマスに続き、ベルギー旅行に

行ってきました。

 

今回ベルギーに行った目的は、2年に1度

ブリュッセルのグラン・プラスで開催される、

花の一大イベント「フラワーカーペット」を

見る事でした。



スポンサーリンク

 

4年前にも1人旅で行ったのですが、

今年はテーマが「日本」と言う事と

友人が日本から行くとの事で

現地集合して一緒にベルギー&イギリス

旅行をする事にしました。

 

1866年に日本とベルギーが外交関係を

樹立してから、2016年で150周年です。

 

150年と言う節目の年なので両国で

多くの記念イベントが行われています。

日本・ベルギー友好150周年サイト

 

2016年のフラワーカーペットの開催期間は

8月12日13時~8月15日22時まででした。

 

2年に1度、ブリュッセルのグランプラス広場で

開催されるこの「フラワーカーペット」は

とっても人気で、たくさんの人で賑わいます。

 

フラワーカーペットは大きさが、75mx25m。

1800㎡以上の花のカーペットなので、

広いグラン・プラスを埋め尽くすほどの

大きさでした。

Brussels_008

 

80%くらいのお花がベルギー国内産で

ベゴニアはゲント郊外で、20余りの農家によって

栽培されたようです。

 

フラワーカーペットは、日本人の方にも

人気のイベントで、4年前も今回も

現地でたくさんの日本人の方を見かけました。

 

特に今回はテーマが日本と言う事もあり

日本人が多かったと思います。

着物を着てる人も見かけました。

 

地上から近くでお花を見るのも良いですが

上から全体を見たかったので、

グラン・プラス中央にある高い建物、

市庁舎のバルコニーへ登り上から

フラワーカーペットを見ました。

Brussels_009

 

市庁舎のバルコニーは、入場に5ユーロかかります。

 

当日は長蛇の列なので、前もって予約

しておけばよかったと思いましたが、

予約しようと思った時には、もうチケットの

販売は終了していました。

 

朝は10時からなので、朝イチで並んだら

割とすんなり入れました。

 

そして最終日の夜、ライトアップも

上から見に行ったのですが、21時半頃に

行ったら、もう閉館直前だったからか

入場料を取られませんでした。

Brussels_005

 

2年後に行く人は、最終日の夜が

もしかしたらねらい目かもしれません(笑)

 

無料で入れる可能性があり、バルコニーもあまり

人がいなかったので、ゆっくり見れました。

 

あと、2件だけホテルからフラワーカーペットが

見れる場所もあるので、予約が取れればオススメです。

 

4年前私は1泊だけ、ホテルの窓から

フラワーカーペットが見れる部屋に宿泊しました。

 

その時窓から取った写真です。

FlowerCarpet_2012

 

とってもキレイに見えました。



スポンサーリンク

 

朝ごはんを食べたレストランの2階からも

キレイに見えました。

Brussels_003

 

そして、どこかに設置されているカメラから

現在のグラン・プラスの映像を見る事が出来ます。

Brussels_010

 

これは携帯で画面コピーしたものですが

この画像の中に私が写ってます(笑)

 

実際より数分くらい遅れて映像に出てきます。

現在の混み具合やお天気などが確認できて

とっても便利です。

⇒  Webcam on the Grand-Place of Brussels – City of Brussels

 

ベルギー行きを計画した時は、

まだ妊娠していませんでしたので

旅行するのに関して、何の心配も

なかったのですが、妊娠が発覚してから、

体力は大丈夫かな?

友達に迷惑かけてしまうんじゃないかな?

7か月のお腹はどのくらい大きくなってるのかな?

などなど心配事が増えました。

 

でも、結果的に無事に旅行を終えられたので

ホッとしています。

 

疲労とむくみは半端なかったですが・・・。

 

旦那ナビさんもベルギーに一緒に行きましたが、

出張の疲れなどが出たのか、珍しく

体調を崩してしまい、1日ホテルで

寝込んでました。

 

その間私は友達と、ブリュッセル中心地の

観光しつつワッフルやフライドポテトなど

食べて満喫しました。

 

出産前の友達との自由気ままな旅は

これが最後となったので、行けて良かったです。



スポンサーリンク