こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

イギリスNHSでの、妊婦検診の

全体的なスケジュールの流れや

検診内容をまとめてみました。

 

基本的なスケジュールや内容は

下記のような感じになりますが、

実際の検診回数や内容などは、

住んでる地域や病院によって

多少異なる事があるかと思います。

 

また、その人の体調や年齢などで

内容が変わったり検査が追加

されたりする事があります。

 

【*】マークがついてる検診は

2人目以降の時はありません。

 



スポンサーリンク

 

 

初回の検診・10週頃

初回に、GPの医師またはミッドワイフに

妊娠を伝える。

 

食事や栄養、葉酸摂取、ビタミンD、

タバコ、アルコール、などについての

説明がある。

 

私の場合は、7週の時にGP(かかりつけ医)で

医師に妊娠を伝えて、その後、9週の時に

ミッドワイフと初回の検診がありました。

 

ミッドワイフとの検診の時に、私とナビさん(旦那)の

家族の入院歴や病気、障害などについての情報を

細かく聞かれました。

 

この時に、12週で受けられる超音波検査の

説明と予約をミッドワイフがしてくれました。

 

<尿検査・血圧測定・身長・体重>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた初めての妊婦検診の内容(妊娠9週)

 

超音波検査・8~12週(1回目)

初めての超音波検査(Dating scan)です。

この時の検査で、胎児の大きさを測り、

出産予定日の確定。

 

胎児の発達と異常があるか見てもらいます。

 

検査前に染色体異常に関する説明があり

希望すれば、ダウン症などの染色体異常検査を

してもらう事が出来ます。

 

超音波検査で胎児の首の後ろの

厚さを測り、血液検査でホルモン値を

測ります。

 

その結果と母親の年齢からリスクを

計算して数値で出します。

 

リスクがあれば、後日再検査の

案内を受けます。

 

再検査を受けるかどうかは自由です。

 

<体重測定・採血>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで初の超音波検査(Ultrasound Scan)を受けた体験記

 

15~16週

18~20週頃に行う、2回目の超音波検査(Anomaly scan)

についての説明。

 

8~12週の時に受けたダウン症などの

染色体異常に関する結果とリスクが高ければ

追加の検査について。

 

<尿検査・血圧測定>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた2回目の妊婦検診の内容(妊娠17週)

 

超音波検査・18~20週(2回目)

2回目の超音波検査(Anomaly scan)です。

胎児の発達や異常がないか確認。

 

この時に、自分から質問すれば性別を

見てもらえます。

 

角度によっては見えない事もあります。

私の体験談 ⇒ 「妊娠20週、イギリスのNHSで受けた2回目の超音波検査体験記

 

*25週

「百日咳の予防接種」に関しての説明。

 

私は25週の時は都合が悪かったので

23週+6日の時に、検診日を受けました。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた3回目の妊婦検診の内容(妊娠23週)」

 

28週

28 weeks onwards

 

バースプランに関してのパンフレットを

もらい、NHSのサイトなどを見ると良いなど

軽く説明を受ける。

 

私は身内に糖尿病の人がいると言う

事もあり、個人のリスクで

「妊娠糖尿検査」を受けたので

その結果の報告がありました。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、採血(貧血チェック)>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた4回目の妊婦検診の内容(妊娠28週)



スポンサーリンク

 

*31週

前回の検診で採血をしたので

その検査結果の報告を受ける。

 

インフルエンザの予防接種を

受けたかどうかの確認。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、胎児の向き確認>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた5回目の妊婦検診の内容(妊娠31週)

 

34週

百日咳とインフルエンザの

予防接種を受けたかの確認。

 

特に特別なお話はなく

あっさり終了。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、胎児の向き確認>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた6回目の妊婦検診の内容(妊娠34週)

 

36週

胎動やお腹のハリなど、体調の確認。

陣痛誘発の提案と方法の説明。

 

出産時に病院へ持っていく

「Hospital Bag」について。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、胎児の向き確認>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた7回目の妊婦検診の内容(妊娠36週)

 

38週

前回に説明を受けた、陣痛誘発の為の

マッサージ「Sweeping」を

どうするかの確認。

 

胎動、食欲、頭痛、浮腫み、お腹のはり

などに関して、体調の質問。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、胎児の向き&位置の確認>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた8回目の妊婦検診の内容(妊娠38週)

 

*39週

通訳を通してMembrane Sweep(卵膜剥離)の

説明をもう一度受ける。

 

体調や胎動に関しての質問。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、
胎児の向き&位置の確認、初の胎児の心音確認>

私の体験談 ⇒ 「イギリスのNHSで受けた9回目の妊婦検診の内容(妊娠39週)

 

40週

通常はミッドワイフの検診になると思いますが

私の場合、出産予定の病院での検診になりました。

 

<子宮底のチェック・尿検査・血圧測定、
胎児の向き&位置の確認、胎児の心音確認>

ドクターから陣痛誘発のススメと

誘発剤を使った時の効果やリスクなどの

説明を受けました。

詳しい内容は ⇒ 「出産予定日にNHS病院で陣痛誘発剤を勧められた理由(妊娠40週)

 

百日咳の予防接種

赤ちゃんは生まれた時は、免疫がない為

百日咳予防接種を受けておくと、胎盤を

通して免疫を付ける事が出来ます。

 

母体と赤ちゃんの両方を守ってくれると言う事で

NHSでは受ける事を推奨しています。

百日咳に関して ⇒ 「イギリスで妊婦が百日咳の予防接種を勧められる理由

 

妊娠糖尿検査

妊娠糖尿検査は、全ての妊婦が

対象と言うわけではなく、

身内に糖尿病患者がいたり

個人のリスクがあると判断された

場合に、受けるようオススメされます。

 

私は伯父が糖尿病と言う事もあり

検査を受けました。

私の体験談 ⇒ 「イギリスNHSで妊娠糖尿病の検査を受けた体験記(妊娠27週)

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング



スポンサーリンク