こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

イギリスの病院は政府が運営する

NHS(National Health Service)と私立病院の

2種類があります。

 

NHSの最大のメリットは基本無料であると言う事。

 

イギリスでは地元のGPに登録しないと

NHSのサービスを受けらないので

イギリスに長期滞在する人はGPに登録する事を

オススメします。



スポンサーリンク

 

一般的には家から近くて通いやすいGPを選びます。

GP(General Practitioner)とは、家庭医(Family Doctor)又は

かかりつけ医で、初期診療や治療を行ってくれる所です。

 

日本では、患者が自由に病院を選ぶ事が

出来ますが、イギリスでは内科や外科なども

選ぶ事は出来ず、まずはGPの診察を受けます。

 

そこで、もっと大きな病院に行った方が良いと

判断されれば、紹介状を書いてもらい

大きな病院に行く事ができます。

 

私立病院の場合は、NHSに比べて待ち時間が少ない

のがメリットです。

 

お金さえ払えば、いつでもすぐに診療してもらえます。

私立病院で見てもらう場合は、GPに登録する必要はなく

いつでも自分の判断で通う事が出来ます。



スポンサーリンク

 

私は私立病院に払うお金なんてありませんので、

イギリスに移住してきて1週間くらいたった時に

GPの登録をしてきました。

 

何が必要か良くわからなかったので、とりあえず

パスポートとBRPを持って、家から一番近いGPに

行ってみました。

 

そしたら思ったより簡単で、その場で登録完了!

見せた物はパスポートとBRPのみ。
(BRPとはBiometric Residence Permitと言う滞在許可証)

 

そして記入した書類は2枚でした。

【NHS Family Doctor Service Registration】

【New Patient Questionnaire】

と言うタイトルの用紙。

 

名前や住所、健康状態などを記入するものでした。

GP登録時に一緒にNHSにも登録する事になります。

 

明日の14時以降なら登録完了してるから

予約を入れる事が可能だと言われました。

 

なるべく医者にはお世話にならない事を願います。

 

NHSの番号を取得したら、次は

「欧州健康保険カード」EHICの申請

することをオススメします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク