こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

妊娠34週、6回目のミッドワイフ(助産婦)の

妊婦検診を受けてきました。

 

前回の検診内容は ⇒ コチラ

 

予約時間の10分前に到着して

待合室で待っていると、時間ピッタリに

名前が呼ばれました。

 

初めて会うミッドワイフでした。

しかも初めて見る細いミッドワイフ(笑)



スポンサーリンク

 

今までのミッドワイフは、妊婦さんくらい

お腹が出ている人ばかりでした。

 

ナビさん(旦那)も検診の後、あんなに細い

ミッドワイフは初めてだったね、

と言ってきました。

 

私と同じことを思っていたようです。

 

部屋に入ってイエローブック(母子手帳)と

家から持ってきた尿検査のための容器を

渡すとミッドワイフが内容を

チェックし始めました。

 

「通訳つけた方が良いかな?」

と聞いてくれました。

 

私は前回と同様に

「困った時にお願いします。」

と伝えました。

 

最初に、百日咳とインフルエンザの

予防接種を受けたかどうか

確認されました。

 

両方とも受けたので、その事を

ミッドワイフがイエローブックに記入。

 

そして、体調はどうか聞かれました。

特に体調が悪いとかはないので

大丈夫と伝えました。

 

血圧を測り異常なし。

その後、子宮底のチェックの為

ベットに横になりました。

 

子宮底は平均値で問題なしとの事でした。

 

そして胎児の向きの確認のため

お腹を押されました。

 

ミッドワイフはみんな、お腹を押して

触っただけで、胎児の向きが

わかるんですねぇ。

 

今回もすごいなぁ~と思いました。

頭が下に来ていると言われました。

なので逆子ではないようです。

 

私がお腹にベルトを付けているのを

ミッドワイフが見て、

「何のためにそのベルトつけてるの?」

と質問してきました。

 

私は、検診だったので、骨盤ベルトは

つけて行きませんでしたが、普通にお腹を

サポートするベルトをつけていました。

 

「お腹が重いのと、腰痛軽減の為」

と答えました。

 

イギリスでも、お腹のサポートベルト

売ってるので、使う妊婦さんいると

思うんですが、あまり一般的では

ないのかなぁ?とちょっと疑問に

思いました。

 

「今回はこれで、おしまいです!

何か質問ある?」

と言われ、質問が1つあったので

聞いて終了。

 

ミッドワイフが、次回はたくさん伝える事が

あるから、ちょっと長めになると言いながら

次回の予約を取りました。

 

希望した日に予約は取れず、

選択する事も出来ず、ミッドワイフに

言われた日時になってしまいました。

 

今回は、特に特別な話もなく・・・

アッサリという感じでした。

 

新人の若いミッドワイフだったようで

隣にベテランのミッドワイフがいて

彼女の事をチェックしていました。

 

次回の予約は、2週間後の妊娠36週

の時です。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング

 

Prenatal Checkup



スポンサーリンク