こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

イギリスに移住してきて

数か月後に車を購入しました。

 

車がないと不便すぎて・・・

 

少しずつイギリスでの運転も慣れ

今では毎日運転しています。

 

ロンドンの方へ行ったり

遠出をする事にも慣れました。

 

最初の頃は、1人で遠出は怖くてできず

近所で買い物したり、用足しをする程度の

距離から始めました。



スポンサーリンク

私に運転を教えてくれたのは

車オタクのナビさん(旦那)です。

 

ネットで車(中古車)の金額など毎日チェック、

自分で車を修理する、ボランティアで運転を

人に教える、などなどしています。

 

壊れて使えない車を5台くらい、

私がジャングルと呼んでいる

ガレージにキープ。

 

いつか修理して乗る、と本人は言っていますが・・・。

いつかっていつ?って感じ。

 

そんなナビさんですが、私が車の運転を

始めた頃には、イギリスでの運転ルールを

教えてくれ活躍してくれました(笑)

 

日本とそこまで大きな差はありませんが。

 

イギリスは、日本と同じ左側走行なので、

そんなに混乱する事はありません。

 

でもやはり日本と違う部分があるので、

運転するなら知っておくべき事があります。

 

Roundabout(ラウンドアバウト)

 

ラウンドアバウトは、日本語で

環状交差点と言われていますが、

日本ではまだそんなになくあまり

見かけませんね。

 

でもイギリスでは、都会でも田舎でも

そこら中にたくさんあります。

 

運転するには、まずこのラウンドアバウトを

マスターする必要があります。

 

ラウンドアバウトさえ制覇してしまえば

こっちでの運転は、ほぼ大丈夫だと言っても

過言ではありません!

 

ラウンドアバウトは、時計回り通行。

(右側走行の国に行ったら逆。)

 

最初の頃は、いつ入っていいのやら

タイミングがつかめず、本当に怖かった。

 

でも、何回もやってると何となく

タイミングがわかってくるので、

これはもう完全に慣れだと思います。

 

大きなラウンドアバウトには

信号機が設置されているところも

結構ありますが、ない所の方が多いです。

 

もし信号があれば、信号が青になったら

走ればいいだけなので簡単です。

 

右からくる車が優先で、右から車が

来なければ、ラウンドアバウトに入って

時計回りに回ります。

 

次の出口で出たい時は、ウィンカーを

左に出します。

 

それ以外の時は、基本的にウィンカーは

右ですがイギリスでは、ウィンカー出さない人も

たくさんいるので、臨機応変に。

 

私は後ろから追突などされない為に

一応ウィンカー出すようにしています。

 

明らかに必要なさそうな場所では出しませんが。

 

急にブレーキ踏んだりすると

後ろから追突されたりするので

流れに乗る事が大切です。



スポンサーリンク

黄色のランプがある横断歩道【ゼブラ・クロッシング】

 

イギリスの街を歩いているとあちこちで

横断歩道を見かけます。

 

横断歩道を渡る前の所に白と黒の

ポールが立っていて、上に黄色い丸い

ランプがあります。

 

Zebra Crossing(ゼブラ・クロッシング)と呼びますが

私は、運転するまでこの横断歩道の

ルールを知りませんでした。

 

上の写真はビートルズで有名な

アビーロードですが、初めて観光で行った時、

みんながやるように私も友達と、

横断歩道で写真を撮りました。

 

その時に、車が去るのを待って

横断歩道の上に立とうとしたのですが、

車が来るたびに、横断歩道の前で

止まってくれます。

 

その時にイギリスのドライバーはなんて

親切なんだ、と思いました(笑)

 

写真を撮りたいだけなので、実際は止まらず

通過してくれた方が良かったのですが・・・。

 

で、後で知ったこのゼブラ・クロッシングの

ルールは、歩行者優先でした。

 

もし、すでに渡り始めている人がいたら

車は絶対に止まらなければなりません。

 

渡ろうとしている人がいる場合も

止まります。

 

私は運転してる時、たまにうっかり存在を

忘れてしまいそうになるので

注意するように気を付けています。

 

また、イギリスでは赤信号でも

道路を渡る人がたくさんいますので、

運転する際は気を付けましょう。

 

 

スピード【イギリスの制限速度】

 

日本はキロ(km)ですが、

イギリスではマイル(mile)になります。

 

1マイル=約1.6キロ。

 

標識に[30]とか[40]とか書いてあれば

それが制限速度です。

 

法定速度

 

 

もし上のようなマークがあったら

道路によって制限速度が変わります。

 

  • 70マイル:片側2車線以上(上りと下りの間にフェンスがある)
  • 60マイル:片側1車線
  • 30マイル:町の中(田舎道)

 

スピードカメラ

 

結構、あちこちで見かける

カメラのマークの標識。

 

これがある所ではスピードカメラが

速度をチェックしているので

スピードを急に落とす車がいます。

 

前の車に追突しないように気を付けましょう。

 

スピードオーバーしていると

後日、自宅にお手紙が届くようです。

 

で、罰金を取られるので

気を付けないといけませんね。



スポンサーリンク

 

信号

特に言うまでもありませんが、

青信号は行ってOKで

赤信号は止まれです(笑)

 

信号の呼び方は

  • 青信号:Green Light
  • 黄信号:Amber Light
  • 赤信号:Red Light

 

私が青信号と言うと、ナビさんは

青じゃなくてグリーンだ!

といつも言います。

 

確かに緑に見えるけども・・・。

 

赤信号で停止して待っていると

黄色が点灯して青信号にかわります。

 

黄色になると、すでにみんな発進

しています。

 

日本だと、赤信号から青信号に

変わるので、少し違うなぁ~と感じました。

 

まとめ

イギリスはマニュア車が多いけど

オートマ車も探せば結構あります。

 

私はイギリスに来る前に

オートマ限定を解除して

マニュアル車も乗れるように

切り替えました。

 

でも、マニュアル車の運転には自信がないので

結局、普段はオートマ車に乗ってます。

 

車でお出かけできるようになると

行動範囲もひろがるし、

気分転換に素敵な景色の所や

楽しい所にお出かけできるので

最初は少し戸惑うかもしれませんが

運転オススメです!

 

特に田舎のほうへ行くと景色も良く

癒されます。

 

都会だと、日本もそうですが

運転荒い人とかいて、ちょっとコワイです。

 

田舎の方に行くと、日本では絶対に見ないような

標識もあったりして結構おもしろいですよ☆






スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村