こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

気づけばイギリスに移住してきて

1年たってたので、思い出せる範囲で

自分なりにチョット振り返ってみました。



スポンサーリンク

 

 

移住の日にちを決定

日本で婚姻届けを出してから

約9か月後にナビさん(旦那)と共に生活を

する為に、イギリスに移住してきました。

 

パスポートに貼られた、

イギリスの配偶者ビザの期間は、1ヵ月間。

 

なので、その間に入国しなければなりませんでした。

 

建築中の汚いゴミ屋敷で、義母と

知的障害者の義理兄と同居だったので

正直、微妙な気持ちのまま移住してきました。

 

日本出発の日にちは、中国占術で

開運の王者と言われている、

奇門遁甲の引越し択日(吉の日)を

使って決めました!

 

新しい生活の始まりで、国をまたいでの

引越しと言う事もあり、スタートは

かなり重要だと私は思うので利用しました。

 

出発の日にち、家に入る時間と方位、

しばらくの間、寝る方位などを

全部取り入れて守りました。

 

そのおかげもあってか、移住後

色々な物事がスムーズに進んでいます。

 

 

イギリス到着後

ヒースロー空港に到着して

空港でナビさんのお迎えを待ちました。

 

仕事が終わってから空港へ来るので

数時間待つのを覚悟していましたが

意外に早く到着。

 

日本からスーツケース3個持ってきたので

車でのお迎え非常に助かりました。

 

以前、ボランティアをしていた施設を

訪問したかったので、施設の近くの

ホテルに1泊しました。

 

ちょうど友達がその施設でボランティアを

していたので、施設に遊びに行き、

レジデンツやスタッフに挨拶をして

友達とも飯を食べる事が出来ました。

 

その後、ダービー(Derby)と言う所に

住んでいる、ナビさんの身内に

会いに行きました。

 

90歳くらいのおばあさんですが

一人暮らしをしている強い女性です。

 

 

家に到着

イギリス入国から4日後に

ナビさんの実家に到着。

 

覚悟はしていたけど、あまりのひどさに

号泣したのを覚えています。

 

イギリスでの一般的な汚さの

レベルを超えて、人が住む場所とは

思えないくらい、本当にビックリ

するような環境でした。

 

床も壁も出来てないし、汚いだけじゃなく臭い!

まっ、わかってはいたんですけどね。

 

一番リラックスすべき場所の家が

そんな環境だったので、しばらくは

憂鬱な日を過ごしました。

 

しかも毎日のように雨が降ってたので

さらに憂鬱に・・・

 

そして知的障害の義理兄(次男)の

発狂、物を蹴り飛ばし壊す音、

義母の怒鳴り声なども、

わかっていましたが、憂鬱な時と

重なると、さらに気持ちが沈みました。

 

それでも気分転換に散歩したり

週末はDIYを手伝ったりして

少しでも良い環境づくりをしようと

努力しました。

Outing

 

家の周りはまるで、ハイキングコース

のような感じで、雨上がりなどで

湿っていると滑りやすいので

気を付けつつ散歩です。

 

自分が過ごす部屋を少しでも早く

完成させたいと思い、ナビさんが

DIYをやる時は、手伝って

今では少しマシになりました。

 

でも、イギリス人はとても

のんびりペースなので、完成までは

まだまだです。



スポンサーリンク

 

 

義母の注文

義母は優しくてとても良い人です。

が、かなり注文が多くナビさんは

それに答えようといつも頑張っています。

 

それ、無理じゃない?と私が思うような

注文でもナビさんはお母さんの希望を

叶えるためにやろうとします。

 

去年、クリスマス前にキッチンのDIYを

完成させるように義母に言われたようで、

かなり頑張っていました。

 

古いオーブンが壊れてしまったので

新しいオーブンを購入。

 

義母は料理が好きなので、

大きなオーブンが欲しかったようです。

 

人生最後のチャンスとか言って

ジョンルイスで結構高いオーブンを

購入してました。

 

完成していない汚いキッチンに

ピカピカのオーブンが届きました。

Oven

 

やはりイギリス人にとってクリスマスは

特別なようで、キッチンと食事をするスペースの

DIYをいつもより早いスピードで

オーブン到着後に必死でやっていました。

 

ナビさんはキッチンを作る為に、

有休を何日も取っていました。

 

作業する部屋に物がたくさんありすぎて

それをどかすので一苦労。

 

ほとんど義母の物なのですが、

義母がそれを片付けてくれれば

作業もスムーズに進むのに・・・

と思いますが、ナビさんがあちこち

あいているスペースに移動しながら

作業をしていました。

 

要領悪いなぁ~と思いつつ

私もお手伝い。

 

義母は物を捨てたがらないので

増える一方です。

 

イギリス人は、古いものを大切にすると

いいますが、火事で燃えかけて真っ黒に

なっている木の人形までも取ってあるので

さすがにちょっとコワイです。

 

まず天井が出来てなかったので

断熱材を入れ、電気の配線の穴を

あけながら、ボードを天井に付けて

いました。

Ceiling

 

1枚30キロ以上あるボードだったので

結構な大変な作業。

 

その後、天井にプラスター(漆喰みたいなもの)を

塗っていき、次は壁にもプラスター。

 

粉と水を混ぜて作るんですが、早く

塗らないと固まっちゃうので、一部塗っては

バケツなどを洗って、また新しく

粉と水を混ぜて作り・・・の繰り返しで

かなりの時間がかかりました。

Plaster mix

 

数日後、プラスターが乾いたらペンキ塗り。

天井が高いので、ペンキ塗りの作業も

何気に大変でした。

 

長い棒を使ったり、ハシゴを使って

やりましたが、結構力を使ったので

完全筋肉痛になりました。

 

私も出来る限り手伝ってやりましたが

クリスマスまでに完成、は無理でした。

 

中途半端なままクリスマスを迎えました。

 

 

年末年始

私が日本から送った荷物が

ヤマト運輸の倉庫に届いたので

年末に倉庫に取りに行くついでに、

ロンドンに滞在して年末年始を

過ごしました。

 

自宅まで荷物を送ってもらう事も

可能でしたが、ブリストルまでは

ヤマト運輸の倉庫から100km以上あるので

追加料金がかかります。

 

追加料金を払うくらいなら、そのお金で

旅行が出来る、と思いロンドン滞在しました。

 

大晦日はミュージカルを見て

日本食レストランで夕飯を食べました。

 

年越しそばを食べるつもりが

なぜか親子丼を注文してしまいました。

 

その後日付が変わった時に花火を見ました。

 

花火を見たと言っても、歩いてる途中で

上がってしまい、中途半端な所で

見る事になりましたが。

 

元旦はロンドンで行われた

パレードを見てちょっと観光をしました。

 

寒かったけど、ロンドンで元旦の

パレードを見るのは、初めてだったので

結構楽しめました。

 

2日はブリストルに戻る途中で

ウィンチェスターと言う町に寄って

少しだけ観光しました。

Winchester

立派な大聖堂でした。

天気悪かったのが残念。

 



スポンサーリンク

 

 

常に何かしらDIY

年末は義母のキッチンづくりをメインで

頑張ったので(未だ完成してないけど)

ペースを落とし、並行して

私が使用するキッチンづくりも始めました。

 

今では自分で料理が出来るようになって

かなりうれしいです。

 

まだ床が完成していませんが

水回りとオーブンが使えてるので

問題ナシです。

 

使えれば良い、と思うようになり

完璧は求めない事にしました。

 

 

旦那の転職

イギリスの配偶者ビザを申請する

ず~っと前から、ナビさんは転職先を

探していました。

 

もう2年くらい探していたと思います。

 

それまでは取りあえず、と言う感じで働いていた

職場でしたが、話を聞く限り環境は

良くなく、給料も全然良くなく

体力的にもキツイ仕事だったようなので

私も転職して欲しいと思っていました。

義母も心配してたようです。

 

でも、履歴書を送って応募しても

面接までたどり着けばよい方で

数か月に1回くらいしか、面接の

連絡が来ません。

 

なので私は移住後、ナビさんの開運する為に

奇門遁甲の吉方位を取り入れてもらいました。

 

ある意味実験です(笑)

 

ナビさんには何が何だか、訳がわからなかった

だろうと思いますが、取りあえず私の

言った通りに行動してもらいました。

 

そしたら立て続けに3件も面接の

連絡が来ました。

これだけで驚き。

 

いつか効果が出るとは思っていましたが

こんなに早く効果が出るとは

正直ビックリしました。

 

私が移住して間もなく転職先が決まりました。

 

吉方位で開運なんて、怪しいと思う人は

たくさんいるとは思いますが、

本当にオススメの開運法です。

 

出会った時は、ビックリするくらい

運の悪かったナビさんですが

最近はあまり不運が起きていません。

 

本人も何となく気づいるようで

最近では、素直に吉方位を

聞き入れるようになりました。

 

何と言うか、目に見えない不思議な力って

あるんだなぁ~と思う出来事でした。

 

 

日本へ一時帰国

移住から1年もしないうちに

日本へ一時帰国しました。

 

妊娠がわかってから、急に決めた事でした。

 

しばらく自由に帰国できなくなるんだろうな、

と思ったら、今のうちに帰ってしまおうと

思い、5月~6月にかけて1ヵ月くらい

実家へ帰りました。

 

1ヵ月あっという間でした。

 

つわりが終わっていたので、食べたかった

物や行きたかったレストランなど

出来る限り欲張って行きました。

 

会えなかった友達もいたけど、

スケジュールが合った友達には

なるべく会って、お茶したりご飯を食べたり

久しぶりに楽しい時間を過ごしました。

 

イギリスでは普段あまりたくさん

喋っていないからか、帰国して

日本語でたくさん会話をしていたら

喉が痛くなりました(笑)

 

妊娠中何が必要なのかイマイチ

わからず、海外で出産経験のある

友人に聞いたりして、イギリスで

手に入りにくそうなものを

少し買いそろえて、持ってきました。

 

 

移住後にした手続き

イギリスに来て最初は必要な

手続きがいくつかありました。

 

良くわからない物もあったりで

ナビさんに協力してもらいつつ

一通り手続きしました。

 

 

こんな感じだったかな、と思います。

 

 

ブログを通して新しい出会い

Tea

嬉しい事に、ブログを通して連絡を

くれた方達とお会いする機会があって

実際に会ってお茶や食事をする事が

出来ました。

 

あまりきにしてなかったけど、

そう言えば、イギリスに来てから

友達とかいなかったので

嬉し出会いでした。

 

イギリスと言う共通点があるからか

とても話しやすく、楽しい時間を過ごす

事が出来ました。

 

それぞれ、生活する環境は

違いますが、結構共通点などが

あったりして、日本人とイギリス人の

感覚の違いなど、やはり感じてる事は

同じだなぁ~なんて思いました。

 

これからも、もっと出会いが広がると

いいなぁ~と思っています!

 

 

変わった事、変わらない事

イギリスに移住してきて

変わった事は、当たり前ですが

生活のリズムとか住む環境です。

 

住めば都と言いますが、

1年たって、だいぶ今の環境に

慣れたと思います。

 

まっ、都とは程遠いですが、

移住してきた直後に比べると

あまり細かい事を気にしなくなったと

思います。

 

あと、妊娠した事が自分の中での

一番の大きな変化です。

 

日本でも出産経験がないので

全く知識ゼロの状態から

イギリスでの妊婦検診や

出産までの流れを少し調べたり

しました。

 

これからも、子育てなどにかんして

色々学んで行く事がありそうです。

 

変わらなかった事は

私の英語のレベル・・・ですね。

 

週に数日でも語学学校に

行ってみたかったのですが、

結局、行けませんでした。

 

そして自分で勉強をすると言う

努力もしませんでした。。。

 

英語に関してはゴールはないので

のんびりやって行きます。

自分にあますぎ・・・。



スポンサーリンク