こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

イギリスのNHS病院で陣痛誘発剤を使い初出産に挑んだ体験記①

の続きです。

 

子宮口の開きは3センチで、陣痛の痛みが

強くなってきた事をミッドワイフ(助産婦)に

伝えると、出産病棟に移る手配を

してくれました。



スポンサーリンク

 

出産病棟はこんな感じでした。

Delivery room_01

 

ベットに横になると、お腹に機械をあてて

胎児の心音と陣痛の間隔をチェック。

 

しばらく様子を見て、変化がなければ

破水させると言われました。

 

えぇぇぇ~~っ?

って思いました。

 

ヒプノバースの講座で、羊水は

赤ちゃんを守るから、破水させない方が

良いと習っていたので、正直ヤダなって

思いました。

 

でも担当のミッドワイフは破水させた方が

良いと言うので、結局は従いました。

 

イヤだったけど・・・。

 

数時間変化がなかったので、破水する事に

なりました。

 

生ぬるい液体が一気に出てきました。

2時間歩いたりバランスボールに座ったり

動くよう言われました。

 

病院内を歩こうとナビさん(旦那)と

部屋をでて、少し歩いたところで

残りの羊水が、出てきてしまい廊下を

水浸しにしてしまいました。

 

近くにいたミッドワイフが、気づいて

すぐに掃除をしてくれました。

 

部屋に戻り、着替えて再び病院内を

ウロウロ歩き回りました。

 

この時は陣痛の間隔が5分くらいに

なっていました。

 

歩いて、陣痛が来たら止まっての

繰り返し。

 

待合室でバランスボールに座りながら

お茶を飲んだりしていたら、2時間

たっていたので、部屋に戻りました。

 

すると、今度はミッドワイフが

点滴の陣痛促進剤を使うと

言い始めました。

 

またまた、えぇぇぇぇ~~~?ヤダ

って思いました。

 

破水させた後は、そのまま自然に

出産かと思っていたので、

点滴までするとは思ってもいませんでした。

 

でも、もう従うしかないような

感じだったので、言われるがまま

点滴で陣痛促進剤をうつことになりました。

 

後で、後悔しました。



スポンサーリンク

 

陣痛の痛みが強くなり、間隔も短くなり

ミッドワイフが子宮口をチェックすると

なんと、もうすでに10センチ開いてる、

赤ちゃんの髪の毛に触ったわよ、と言い

慌ててドクターを呼びに行きました。

 

慌てて呼びに行ったわりに、戻ってくるのが

ずいぶんのんびりでしたが・・・(笑;)

 

そして、いよいよ赤ちゃんが出てくる

所まで来ました。

 

で、今度はドクターが

「会陰切開をした方が良い。」

と言い始めました。

 

またまた、えぇぇぇぇ~~っ?ヤダ

って思いました。

 

でも、もはや判断能力もなく

早く産みたいと言う思いもあり、

言われるがまま従いました(泣)

 

そして今度は、もう赤ちゃんは

出かかってるんだけど、バキュームを

使って頭を吸引して、少しだけ

手助けをすると言い始めました。

 

これも、ヤダ~って思いましたが、

ここまで来たら仕方ないと思い

全てドクターに従いました。

 

後で知ったのですが、この時赤ちゃんの

心拍数が200を超えていたそうです。

 

数分なら問題ないみたいですが、

結構長い間、200を超えていたので

バキュームで手助けをして

早く出した方が良いと言う事に

なったようです。

 

無事に頭が出てきて、肩から下の

体も出て来ました。

 

元気な女の子で、3632gでした。

3632g

 

3000gは超えてるだろうなぁ~と

予想していましたが、結構大きめ

でした。

 

赤ちゃんは、すぐに私の胸の上に

置いてもらい、イギリスのNHSが

推奨しているskin to skinをしました。

 

skin to skinは、日本では

カンガルーケアと言われています。

 

胸の上に置かれて、赤ちゃんの体を

タオルでミッドワイフが拭き取ってくれました。

 

イギリスでは赤ちゃんの体を

洗わないようです。

 

しばらくすると、「オギャ~」って元気に

泣くのかと思いきや、「メェェ~」ってな

感じの泣き声でした(笑)

 

赤ちゃんが無事に産まれたので

ホッとしました。

 

数分待ってから、へその緒を

ナビさんがカットしました。

 

これはバースプランに書いた通り

叶えられました!

 

その後、ミッドワイフが

プラセンタ(胎盤)が早く出てくるように

注射を打ちます、と言ってきました。

 

またまたまた、えぇぇぇ~っ?って

思いました。

 

自然に出てくるのを待ちたいと

バースプランに書いたのに・・・。

 

結局、注射打たれました。

 

6分後にプラセンタが出てきました。

そして、プラセンタ触らせてもらいました。

 

グローブとプラセンタをミッドワイフに

渡され、好きなだけ触って遊んで、と

言われました(笑)

 

プラセンタの状態がとても良いと

言われました。

 

状態が良いなら、陣痛誘発剤とか

使わなくても良かったなぁ~なんて

思っちゃいました。

 

でも無事に出産出来たので、

それだけを思えば結果オーライって

感じでしょうか。

 

ここまで、散々「えぇぇぇ~っつ?」

って思う事がたくさんあったのですが、

この後が最悪で出産より産後が

大変な事となってしまいました。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング



スポンサーリンク