こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

出産までの事は妊娠中に

調べたりしましたが、子育てについては

全く知識がなく、出産後に適当な

子育てをしながら、少しずつ勉強中です。



スポンサーリンク

 

日本でどういう健診やサポートが

あるのかも良くわかりませんが、

イギリスもシステムがちゃんと

整っていて、サポートを受けながら

約2か月過ごしてきました。

 

Red Book(レッドブック~子供の記録)

Red Book

イギリスで出産すると、レッドブックと言う

ノートをもらいます。

 

交付の方法は地域によって違うようですが、

私は出産した病院でもらいました。

 

レッドブックとは、日本で言う母子手帳の

子供の記録の部分にあたるものだと思います。

 

妊娠中に色々と記録していたイエローブックは

出産後に回収されてしまいます。

 

産後ミッドワイフ(助産師)が家に

訪問してくれるのですが、最後の

訪問の時に、ミッドワイフが

回収して持ち帰りました。

 

レッドブックは子供の検査の記録などが

全て記入されるので、GPやクリニックに

行く際は必ず持参します。

 

イギリスで出産していない場合でも

子供が5歳前であれば、交付してもらう事が

出来るようです。

 

Child Health Clinicsに登録すると

レッドブックを交付してもらえます。

 

Community Midwife(コミュニティミッドワイフ)

日本では助産師さんは病院にしか

いないのではないかと思いますが、イギリスでは

「コミュニティミッドワイフ」と言って

地域に属した助産師さん達がいます。

 

コミュニティミッドワイフは、

お母さんと赤ちゃんをケアしてくれます。

 

退院後翌日から生後28日までは、

日にちを決めて家に訪問してくれます。

 

私の地域では、基本的に合計2回の

訪問ですが、私は産後の回復が

あまり良くなかったので合計5回

家に来てもらいました。

 

ミッドワイフに質問された事は

  • 出産はどうだったか?
  • 精神的につらい事はないか?
  • 産後の回復はどうか?
  • 母乳育児はうまくいってるか?
  • どのくらいの間隔で授乳しているか?
  • 1回の授乳時間はどのくらいか?
  • 赤ちゃんに何か問題はないか?
  • 心配事やわからない事はあるか?

こんな感じでした。

 

会話をしていくうちに、色んな細かい事まで

聞いて確認してくれ、アドバイスを

くれたりしました。

 

家に来てくれる時間は、結構適当で

午前中に行く予定だけど、もし14時までに

来なかったら、電話して下さい、

ってな感じでした。

 

ドクターに診てもらった方が

良いと判断された時は、ミッドワイフが

病院に連絡をしてその場で予約を

取ってくれました。

 

お母さんの体温、血圧、脈、

精神状態、健康状態や産後の回復も

チェックしてくれます。

 

赤ちゃんも頭から足まで異常がないか

チェックしてくれます。

 

赤ちゃん用の大きな体重計も

持参して来て、体重もはかってくれました。

 

何か不安な事や問題があれば

自分からコミュニティミッドワイフに

連絡をして、予約を取る事が出来るので

何かあったらいつでも電話するように

言われました。

 

イエローブック回収後は、何かあったら

コミュニティミッドワイフではなく

GPへ直接連絡する事になります。



スポンサーリンク

 

Health Visiter(ヘルスビジター)

産後に退院するとコミュニティミッドワイフの他に

ヘルスビジターも家に訪問してくれます。

 

ヘルスビジターは日本の保健所の

保健師さんのような感じだと思います。

 

私は最初ヘルスビジターの存在すら

全く知らなかったので、いきなり電話が

来て「???」状態でした。

 

ヘルスビジターはNHSに属していて、

多くの人はミッドワイフや看護師の

資格を持っているみたいです。

 

なので精神面や健康面など

幅広く色んな相談をする事が出来ます。

 

5歳以下の子供をケアしてくれます。

産後2回家に訪問してくれました。

 

ヘルスビジターに質問された事は

コミュニティミッドワイフと同じ

質問もありましたが、

  • どんな出産だったか、何か問題はなかったか?
  • 精神的につらい事はないか?
  • 産後の回復はどうか?
  • 痛み止めは何を飲んでいるか?
  • 母乳育児はうまくいってるか?
  • どのくらいの間隔で授乳しているか?
  • 赤ちゃんに何か問題はないか?
  • 出生を届出たか?
  • チャイルドベネフィットを申請したか?
  • 心配事やわからない事はあるか?

などでした。

 

2回目の訪問時には、赤ちゃん用の

体重計を持ってきていて、体重を

はかりレッドブックに記入して

くれました。

 

ドクターやミッドワイフだけでなく

ヘルスビジターもレッドブックに

記入したりします。

 

何かあったら自分からヘルスビジターのいる

クリニックに行って相談をする事ができます。

 

2回目の訪問の時に、2週間くらいしたら

「赤ちゃんの体重をはかりにいらっしゃい」

と言われたので、行ってきました。

 

産後28日まではコミュニティミッドワイフが

ケアしてくれますが、それ以降は

ヘルスビジターが予防接種や健診など

色んな事を教えてくれサポートしてくれます。

 

また地域での赤ちゃんとお母さんの

集まりや講座などがある事も

教えてくれました。

 

初めての子育て、しかもシステムが

良くわからないイギリスで

不安もありますが、サポートしてもらえる

事がわかったので、何とかやって行けそうな

気がします。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング



スポンサーリンク