こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

日本に一時帰国をした時に

今回は転入届を出しました。

 

もし私1人だったら転入届を

出して健康保険証をもらう事は

しなかったと思いますが、今回は

0歳の娘がいたので、何かあった時の為に

一応、保険証をもらいました。



スポンサーリンク

 

役所で転入届の手続きをすると

年金課など他の課に回されます。

 

今回は、産後初めてなので

児童課に行って児童手当などの

手続きをするように言われました。

 

あまり時間がなかったので

後日また何度か役所に足を運びました。

 

母子手帳をもらいました!

 

その時にイギリスで受けた予防接種の事も

聞かれ、日本で無料で受けられるものも

教えて頂きました。

 

でも2か月くらいの一時帰国だったので

1度だけ受けるBCGを接種しただけで

B型肝炎は受けられませんでした。

 

近所の小児科に相談したところ、

B型肝炎は3回受けるので、なるべく3回とも

同じ場所で受けた方が良いと言われました。

 

ワクチンの量やメーカーがイギリスで

どうなってるかわからないから・・・

同じところで受けた方が安心との事。

 

日本で1回でも受けられれば

無料で受けられるし、お金が助かるのになぁ~

と思いましたが、同じところで受けた方が良いと

言われたので、3回ともイギリスで

受ける事にしました。

 

ロンドンにある日系クリニックに

連絡をしたら、BCGを受けた1か月後以降なら

B型肝炎の摂取が出来るとの事だったので

電話して予約を入れました。

 

ロンドン遠いし、ブリストルに

日系のクリニックがあれば

良かったのになぁ~と思いました。

 

車を運転してロンドンまで行きました。

初回はナビさん(旦那)に助手席に乗ってもらい

行きました。

 

この前友人に会いに電車でロンドンに

行った時、チケット代の高さに驚いたので

頑張って車を運転しました。

 

赤ちゃん連れなので、車の方が

大泣きしても大丈夫だしラクですね。

 

私が娘を連れて行ったのは、ロンドンにある

ジャパングリーンメディカルセンターです。

 

アクトンクリニックの方は

駐車場があったので、そちらを予約。

 

担当してくれたドクターは

小児科や育児学専門の方でした。



スポンサーリンク

 

子供を見るとある程度、家庭で両親が

どういう風に子供に接しているか

わかると言ってました。

 

「ちゃんとうまく接して育てていますね。」

と言われ一安心。

 

おしゃべりなどしながら

娘の警戒心を解いていたようです。

 

一通り体のチェックなどしてくれました。

 

特に異常なしとの事。

 

その後、腕と足どっちに注射するか

聞かれましたが、足の方がオススメと言われ

足に打ってもらいました。

 

日本でBCGを受けた時は

泣きませんでしたが、今回は予想通り

大泣きしました。

 

BCGの時は何で泣かなかったんだろう?

って今更疑問(笑)

 

今回の料金は、初診£90+ワクチン£25で

合計£115でした(T_T)

 

もしかして登録してる近所のGPで

受けた方が安く済んだかも?!

なんて後から思いました・・・。

 

人によってはB型肝炎受ける人もいるし

GPで受けられるハズだよねぇ~。

その辺調べずに日系の病院しか

頭にありませんでした(^^;

 

まっ、ロンドンまで運転の練習

出来たし、日帰り旅行って事で

いっか・・・って思う事に。

 

2017年の8月1日以降に生まれた赤ちゃんは

B型肝炎がNHSで無料でカバーされる事に

なったようです。

 

が、娘は2016年に産まれてるので、

残念ながら対象にはなりません。

 

予防接種大切だと思うので

その辺はケチらず、ちゃんと全部

受けられるものは受けようと思っています。

 

帰りはナショナルトラストが

管理している「Osterley Park」

と言う所によって、お茶をして

芝生でゴロンとして休んで

帰りました。

 

帰りは疲れ切ってしまい

運転を放棄してナビさんに

運転してもらいました。

 

次回は多分、私1人で運転して

娘を連れて行くことになると思うので

帰り運転できるかなぁ~と

ちょっと不安・・・。

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


海外での育児ランキング



スポンサーリンク