こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

何人かにお問い合わせを頂いたので

今回は、私がエージェントを通さないで

行ったイギリスボランティア施設に

関して書いていこうと思います。

 

私はイギリスに移住する前、

2度イギリスでボランティア留学を

経験しました。

 



スポンサーリンク

 

2回のイギリスでボランティア留学

1度目は様子もわからなかったし、

英語も全くと言っていいほど

出来なかったので、お金を払い

エージェントを通して施設を

紹介してもらいました。

 

そこはとても良い施設で、日本人も

3人いました。

 

1年間色んな経験をしてとても楽しく

過ごすことが出来ました。

 

その後、少し英語も理解できるように

なったので、自分で施設に直接申請して

1年間働きました。

 

エージェントを通さず自分で申請したのは

お金を節約したかったからです。

 

節約すればそのお金で旅行が出来る!

と思い・・・。

 

私が2度目にボランティアした施設は

システムを変えるとの事で、残念ながら

私がいた時のボランティアが最後で

2013年以降もう海外からのボランティアを

取らなくなってしまいました。

 

でも、まだ同じ系列の施設で

日本人を受け入れてる施設は

少しですがあるようです。

 

イギリスでボランティアした施設

私がボランティアした施設はCamphill(キャンプヒル)

と言うコミュニティーでした。

 

キャンプヒルとは、

ルドルフ・シュタイナーが提唱したアントロポゾフィーに基づく社会活動。 学習障がい、心理面における葛藤を持つ、成人、児童による共同生活。 2010年時点で、世界21カ国119カ所で行われている。

ウィキペディアより引用

イギリスだけではなく、色んな国にあります。

 

問い合わせ&申請方法

ホームページの「Volunteering and Jobs」の

所から「Volunteer vacancies」の所を

見るとリストが出てきます。

 

募集終わったのに載ってる事も

あるので、これは直接施設に問い合せ

すればわかります。

 

リスト上の興味ある「Title」の所を

クリックすると詳細が出てくるので

それで、問い合わせをしてみたかったら

下の方にある「Enquire online」の

所から必要項目を入力して

「SEND ENQUIRY」を押せば

オッケーです。

 

送信先はイギリス、なので返信が

すぐに来ない事は普通に良くあります(笑)

 

もし、かなり待っても来ないようだったら

しつこくメールしてみると良いと思います。

 



スポンサーリンク

 

体験談

Oaklands Park

私は「Oaklands Park」と言う

グロスター州にある施設でレジデンツの

サポートをしながら、ガーデニングや

クッキングなどしてました。

 

ブタや牛、鶏、羊などがたくさんいたので

家畜系の仕事を担当するボランティアもいました。

 

かなり景色も良く自由な感じだったので

海外からのボランティア受け入れが

なくなってしまったのが残念です。

 

Grange Village

Oaklands Parkの施設から車で10分くらいの所に

「Grange Village」と言う施設もありますが

その施設ももうボランティアの受け入れを

終了させたようです。

 

Oaklands Parkで一緒に働いた同僚が

その後Grange Villageにいったのですが、

その同僚いわくOaklands Parkと

同じような仕事内容だと言ってました。

 

特に厳しかったり忙しすぎる事も

なく楽しく1年過ごしたようです。

 

Milton Keynes

2016年に友達が「Milton Keynes」と言う

ロンドンに割と近い施設でボランティアを

していました。

 

もし申請する場合は確認する必要がありますが、

この施設ならまだ日本人ボランティアの

受け入れをしているようです。

 

2人の友人が

別の年に働きましたが、2人ともとにかく

忙しくて大変と言ってました。

 

担当するハウスによってかなり

差があると思います。

 

レジデンツに薬をあげたりするお仕事も

あったようで、かなり責任のある

仕事内容だと思いました。

 

でもカフェで働いたり、ジャムを

作ったり、楽しいお仕事もあるみたいで

1人の子は1年間働きました。

 

もう1人の子は1年たつ前に日本に

帰国しました。

 

でも楽しい事もあったので、

良い経験になったと言ってました。

 

ただ、忙しすぎて拘束時間も長く

自分には合わなかったと。

 

私はお会いした事ありませんが、

その施設で2年目、3年目と働いてる

日本人の方もいるようです。

 

合う人は居心地が良くて何年も

続けるんでしょうね。

 

Devon Community

また「Devon Community」も以前

友達が働いていて遊びに行きましたが

まだボランティアの人がいました。

 

 

結構自由にやりたい事をやらせてくれて

良いと言ってました。

 

でも、これは誰と一緒に働くかによって

変わってくると思います。

 

自由にやらせてくれる人と

一緒になれば、きっと楽しいと思います。

 

 

まとめ

まだ受け入れしている施設でも、

辞める人がいないと空きも

でないので、マメに募集リストを

チェックする必要がありますね。

 

これからボランティア施設を探して

申請する方へ、少しでも参考になれば

嬉しいです。

 

コチラの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 「イギリスボランティア留学に参加する方法

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 



スポンサーリンク