こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

私がイギリス配偶者ビザを申請する数か月前の

2015年4月にIHS(Immigration Health Surcharge)が

追加されました。

 

IHSとは国民保健サービスです。

支払いが義務付けられたので、支払わないと

ビザの取得ができません。



スポンサーリンク

 

ビザ申請の時点で、前もってサービス料を

払ってもらおうと、イギリス政府は考えたのでしょうね。

全くよく考えたものです…(泣)

 

料金は年間£200(学生は£150)

計算はコチラ ⇒ Calculate your immigration health surcharge

 

現在、配偶者ビザは33か月なので、合計で£600です。

 

6か月以内のビザの人はIHSを支払う義務ありませんが、

もしNHSのお世話になった場合、1.5倍の請求が

くるようなので、注意が必要です。

 

このように、どんどんビザの条件が

厳しくなる裏には、移民問題が

大きくかかわっていると言われています。

 

イギリスの通貨はユーロでなくポンドですが、

EU加盟国なので、EUの人の出入りは

自由となっています。

 

イギリスにはたくさんの移民がいますし、

一時的な滞在者も自由に出入りできるので、

そういう人たちが無料で医療を受ける

目的でイギリスにやってきます。

 

ヘルス・ツーリズムと言うやつですね。



スポンサーリンク

 

実際に私がボランティアをしていた施設には、

ポーランドから出稼ぎに来ているケアスタッフが

たくさんいました。

 

たとえ家賃を払ってでも、イギリスで働いた方が

ポーランドで働くより数倍稼げるそうです。

 

ケアスタッフのお給料はイギリスの中では、

そんなに高いものではありません。

 

そういう出稼ぎに来てる人たちの中に、

イギリスで出産した人が何人かいました。

 

パートナーと一緒に生活しているのに、

結婚はしていません。

 

その理由は、結婚してなくて子育てをしていると

イギリス政府からお金がもらえるそうです。

 

補助金がもらえるからと言う理由で、わざと

結婚してないのです。

 

彼女たちも働いて税金を納めているわけだし、

シングルマザーだと補助金がもらえると言う

ルールがあるから、ルールに自分を合わせて

お金をもらっているんですね。

 

なので違法ではないし、それが良いとか悪いとか

言うのではなく、そういうルールがあるので、

利用できる人たちは最大限に利用しますよね。

 

今後、どのようにイギリス政府が対応していくか

わかりませんが、日本人の私の立場からすると、

EU以外の人のビザを厳しくする前に、EUの人たちが

利用している税金にもっと目を向けて考えて欲しいと

思ってしまいます。

 

配偶者ビザを延長する時に、どうなってるか

今から心配です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 

spouse-visa



スポンサーリンク