こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は、日本からイギリスに自分の荷物を送ったら

荷物が届かず、VATの請求書が届いた時の事について

書いていきます。

 

私も何回か経験があり、一緒にボランティアをしていた

同僚も経験があります。

 

これは必ず100%請求が来るわけではありません。



スポンサーリンク

 

郵便局から送ると、結構な確率で請求が

来てしまうとか聞いた事がありますが

実際請求が来ない人もいます。

送る時は、あまり高額にせず、ギフトに

チェックマークを入れた方が良さそうです。

 

どういう管理になってるのかは詳しく

わかりませんが、私はあまりに請求の額が

大きかったので、ビックリして調べてみました。

 

同僚は当然支払うものとして、払ったと言って

疑問を持たなかったそうです。

 

でも私は、商売目的でもなく、自分の荷物(しかも中古品)を

送っただけなのに、何で税金を支払う必要があるのかな?

と疑問に思いました。

 

まず、Parcel Force(パーセルフォース)から

VATの請求書が届いてしまったら、交渉して

ゼロにしてもらうか、請求額を支払うしか

方法はありません。

 

電話をした時に、担当の人は支払うしか

方法はない、支払わないと荷物を日本に

送り返す。

 

と言っていましたが、支払わなくても

交渉する方法は、あるんだと思います。

 

でも、電話に出た人が、他の方法は

教えてくれなかったので、支払ってから

返金手続きをする事にしました。

 

そのまま放置しておくと、荷物を日本に

送り返されてしまいます。

 

なので請求書の金額を、オンライン又は電話で

カード払いします。

 

そうすると数日後ちゃんと荷物が届きます。

その後に、払い戻し手続きをします。



スポンサーリンク

 

払い戻しのフォームを記入します。

フォームはコチラ ⇒ C3

 

私は念の為、1枚追加でレターを書いて

添付書類として送りました。

 

内容は、「すべての荷物は私個人の物で

6か月以上使用した中古品で、ボランティアの

期間が終われば、全て日本に持ち帰ります。」

のような感じで書きました。

 

書類と配送伝票を合わせて、郵便で送りました。

その後は、首を長くして待つ必要があります。

 

もし税金を払う対象でないと判断されると、

「払い戻しの手続きをするので、近いうちに

小切手を送ります」と手紙が届きます。

 

払い戻しは小切手なので、銀行の口座があれば

問題ありません。

 

もし、銀行口座がない場合は、小切手を

現金に交換してくれるお店に行って

手数料を払って交換してもらいます。

Cash Convertersと言う店で出来ます。

 

結婚後に移住して来た時は、VATの請求が来るのを

恐れて、クロネコヤマトさんの引っ越しパックで

税関の手続きも全て、お願いしました。

 

税金の請求が行く場合もあると、言われてましたが

問題なくイギリスで荷物を受け取る事が出来ました。

 

イギリスの良くわからないシステムに

振り回されるのは、本当に疲れます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク