こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

先日、イギリスでお葬式に行ってきました。

 

お葬式に行く事になって、最初に思ったのが、

喪服を日本から持って来なかった・・・

服装どうしよう、でした。

 

でも、ここはイギリス。



スポンサーリンク

 

日本では黒い喪服が常識だけど、イギリスの場合は・・・

イギリスには日本のような喪服なるものが

ありません。

 

基本は、黒い服を着ていくようですが、

これは家族や宗教や亡くなった方の遺言などで

変わってくるようです。

 

例えば、故人が赤が凄く好きで、

自分の葬儀には、赤い服装をしてくるように、

と遺言があった場合は、赤い服装で

葬儀に行く事もあるようです。

 

日本では赤い服装は、ありえない事ですね。

私が行ったお葬式は、90パーセントの方が

黒い服装でした。

 

男性は黒いスーツに黒いネクタイだったので

雰囲気は日本と似てるなぁ~と思いました。

 

女性も黒い服装をしてきている方が

ほとんどでしたが、コートの色が

白や紫の人もいました。

 

カバンの色はバラバラ。

アクセサリーも特に決まりはないそうです。

なので私は、日本から持ってきたパールの

ネックレスをつけていきました。

 

私は普段黒い服を全く着ないので

日本に置いてきた喪服しか黒い服は

持っていません。

 

なので、黒い安いワンピースと

ジャケットを購入しました。

 

義母や旦那には黒じゃなくグレーでも

大丈夫だよ、と言われてたので、

わざわざ買わなくても良いかなぁ~と

思ったのですが、購入しちゃいました。

 

迷ったら黒が無難と思いましたが、

イギリスではそこまで細かい事気にする

必要ななさそうです。

 

いつ行われる?

イギリスでは日本のようにお通夜はなく、

亡くなった1週間後くらいにお葬式

と言うのが一般的です。

 

日本では、告別式は友引の日を避けて

行われますが、イギリスでは

曜日で決まる事が多いです。

 

教会では、日曜日は毎週礼拝があり、

土曜日は結婚式が行われることが多いので、

お葬式は平日に行う事が多いようです。



スポンサーリンク

 

イギリスの葬式の流れ

お葬式のやり方は、家族や宗教によって

違うとは思いますが、今回私が参加した

お葬式は、葬儀屋(funeral director)が

全て仕切ってました。

 

下記の写真の歩いてる人が葬儀屋で、

棺を運ぶ車の前を歩いて教会まで行きます。

 

ゆっくり歩いて教会まで行くので、

だんだんと渋滞が出来てしまいました。

funeral_1603_02

 

お葬式が始まる時に、教会に棺が運ばれてきますが、

大人の男性が4人手を使わず、肩に棺を乗せて

運んでいました。

 

お葬式が終わると再び棺が車に運ばれます。

イギリスのお葬式は30分ほどなので、

日本に比べるとかなり短いですね。

 

日本ではお香典と言うのがありますが、

イギリスでは、お花をおくる事が多いようで、

義母もお花を注文していました。

 

花は基本的に何でも良くて、色も何でも

良いようです。

 

お花は棺の周りや上に乗せられます。

funeral_1603_03

 

最近は火葬が多くなってきているようですが、

今回は宗教の関係で土葬でした。

 

お葬式が終わったら、お墓の場所へ移動し

棺は深く掘られた土の中へ置かれます。

 

埋葬の儀式では、牧師さんが聖書を朗読し

みんなで冥福を祈ります。

 

最後にお花を棺の上に置き、聖水をかけたり

していました。

 

棺を埋める穴がかなり深いなぁ~と

思ったのですが、旦那さんが亡くなったら、

その上に埋葬されるので、深く掘っていた

みたいです。

 

1時間くらいで一通り儀式が終わりました。

その後は、みんなでパブに行って食事をしました。

 

食事をしてみんなと会話をして、パラパラ帰る人が

出てきて、なんとな~く解散です。

 

イギリスのお葬式に参加してみて

火葬となると、また違うんでしょうが、

日本のお葬式に比べるとずいぶんあっさりした

感じでした。

 

もちろん泣いている人もいましたが、

日本のお葬式みたいに雰囲気だけで

とっても悲しくなると言う感じは

しませんでした。

 

お葬式中に故人が好きだったポップな

曲がいきなり流れました。

 

その時はみんなリズムをとって

踊っていました。

 

こういう感じのお葬式も良いな、

と思いました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク