こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は、私がイギリスボランティア留学を

していた時の未だ忘れられない

失敗談を書こうと思います。

 

英語が出来ない為、結構いろんな失敗をしました…



スポンサーリンク

 

背中とカバン

ある日1人のレジデンツが、

「助けが必要なので手伝って欲しい」

と言って私を呼び出しました。

 

彼は言語障害がありハッキリ喋れず、体も自由に

動きません。

 

でも数学の博士号をもっていて、頭はすっごく良いので

私が英語があまり出来ない事を、わかっています。

 

なのでいつも簡単な単語で短くわかるように言ってくれます。

 

私は彼の所に行って、要件を聞くと

「see バック」と言ってあまり動かない手で

必死に背中の方を指さしていました。

 

なので私は彼の背中がかゆいとか痛いとかなのかな?

と思い、Tシャツの襟元をめくって背中を見ました。

 

それでもまだ「バック、バック」と何度も言ってるので

おかしいなと思いました。

 

すると「b.a.c.k」じゃなく「b.a.g」だとスペルで

言ってきました。

 

ひぇぇぇ~!!

 

背中じゃなくカバンだったのね~、と思い

自分の間違えにやっと気づき大爆笑。

 

いつも車椅子の後ろにかけてあるカバンの

中を見てほしいと言う事だったようです。

 

“back”と“bag”の勘違いでした。



スポンサーリンク

 

マージョリーお婆ちゃんとマーガリン

私が働いてた施設では、毎週木曜日の

午後のアクティビティの時間はお菓子作りでした。

 

お菓子作りの先生と近所に住んでいる88歳の

お婆ちゃんがお手伝いにボランティアで毎週施設に

来てくれていました。

 

ある日クッキングの準備をしていると、一緒に働いてる

アイルランド人のボランティアの男性が

「Bring マージョリー」と言って上の階を指さしていました。

 

彼は背もデカければ声もデカい。

態度もデカいけど、良く日本人ボランティアの

面倒を見てくれて、私のダメダメ英語もちゃんと

理解しようと最後まで辛抱強く話を聞いてくれる

人でした。

 

私はマージョリーお婆ちゃんをここの階に

連れて来ればいいのねぇ~と思いました。

 

88歳のお婆ちゃんが階段下りるの大変なんだろう、

と思って上の階まで迎えに行って、部屋まで一緒に

下りてきました。

 

そしたらアイルランド人の男性が「マージョリーは?」

と聞くので、ここにいるのに何で聞くの?と思いつつ

「うん、こちらに・・・」と言ったら・・・

 

「えっ?!」ってな反応をされました。

私も「ナニ??」と思いました。

 

そしたら「キッチンからマーガリンを持って来いと言ったんだぁ~」

とデカイ声で言われました(笑)

 

これまた自分の勘違いに爆笑。

 

MarjorieとMargarineの発音の違いが

イマイチわかりませんでした。

 

3回くらい発音してもらったけど、やっぱり

聞き分けられませんでした。

 

イギリス人の友達に聞いたら、それは発音似てるから

結構難しいよ。

と言われ慰められました。

 

英語では物を持ってくるのも「bring」を使うし

人を連れてくるのも「bring」を使いますね。

なので最後にせめて「・・・from the kitchen」とか

つけてくれれば間違えなかったのにぃ~と

人のせいにしてみたり・・・(笑)

 

ミスするたびに同僚に話してましたが、

「アハハハハ・・・・」といつも笑われてました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク