こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は、イギリスボランティア留学中に

レジデンツと募金活動をした時の事を

書いていこうと思います。



スポンサーリンク

 

私が働いていた施設では数か月に1回くらい

募金活動(Fund-raising activity)をしていました。

 

車で隣町まで行って募金を集める事もあったし、

施設から歩いて行けるスーパーの前に立って

行うこともありました。

 

初めて募金活動をした時に、私はとても

ビックリしました。

 

何にビックリしたかと言うと、

通りかかる人みんな、ポンポン

お金を入れてくれるんです。

 

ただ募金箱を持ってスーパーの前に

立ってるだけで。

 

日本だと「募金お願いしま~っす!」とか声を

張り上げる感じなのに。

 

お店に入って行くお客さんの中には

「今、小銭がないから買い物した後であげるから待っててね。」

と言ってくれる人も結構いました。

 

レジデンツが持っている募金箱に

入れてくれたと思ったら、隣に立ってる

私が持っている募金箱の両方に入れてくれたりします。

 

小学生くらいの子供が入れてくれたり。

すごく人の温かさを感じました。

 

イギリスは日本より助け合いの精神が

強いのかな?とも感じました。



スポンサーリンク

 

タバコを良く吸うレジデンツが募金活動中に

タバコを吸おうとしました。

 

私はビックリして、

「えっ? 今、タバコ吸うの??冗談でしょ?」

と言ったら

 

「吸うよ。Why?!」と言ってきた(笑)

「帰る時にしなよ~」と言ったけど、

吸いたくてしょうがないようです。

 

そのレジデンツは事故で頭を打った

後遺症なのか、物忘れも多いが1つ気になると、

その事しか考えられないので、

言っても無駄でした。

 

とうとう募金活動中にタバコを吸い始めちゃった・・・(笑)

それなのに通りかかる人達は、

お金を入れていってくれます。

タバコを吸ってる事なんて気にもせず。

 

しかも「寒いのに大変だね。たくさん集まるといいね~。頑張って 」

なんて暖かい声までかけてくれる。

 

どーなってるんだ?この国は?!

 

と思いつつも、なんか自由でゆる~い感じが

いいなぁ~と思いました。

 

募金活動を通して、人の暖かさや優しさを

感じました。

 

そしてまたイギリスの事が好きになりました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク