こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

イギリスに移住してくる前に

どうしようかな~?と悩んだ事の

ひとつが住民票をどうするか・・・。

 

転出届を出すか、出さないかは

自分で決める事なので本人の自由です。

 

役所で聞いた時も、どっちでも

いいと言われました。

 

結局わたしは、移住する前に

役所に行って、転出届を提出しました。

 

しかし、出産後に娘を連れて

一時帰国した時に、転入届をだして

現在はそのままにしています。

 

今のところ半年に1回くらいの

ペースで一時帰国しているので

帰国のたびに役所に行って

アチコチの課に回されるのが

面倒くさいなぁ~と思ったのが

ひとつの理由です。

 

生後4か月の娘を連れて、地元の役所に

行きましたが、転入届をだしたら、

そのあと年金課やら子供の手続き関連など、

次々とすべき手続きがあって、

時間がかかりすぎたため、後日また役所に

行ったりしました。




住民票とは何?

 

そもそも住民票って何かというと

名前や住所などの個人ごとの情報を

公的にまとめた台帳。

 

役所に行くと、情報をプリントアウトして

発行してもらう事が出来ますね。

 

そのプリントアウトしてもらった

用紙の事を住民票と言う事が多いです。

 

一般的に住所など本人確認のために

使われています。

 

最近では、発行してもらう時に

希望すればマイナンバーの確認も

住民票に印刷してもらい

確認する事が出来ます。

(市町村によって違いがあるかもしれません。)

 

 

海外在住者が一時帰国してる時だけ住民票を戻せるか?

私が地元の役所で聞いた時の回答ですが

日本に生活の拠点があるのであれば、

転入する事はできます。

との事でした。

 

「生活の拠点」というのが少し

あいまいだなぁ~とは思うのですが

私は一時帰国中は、実家で生活するので

実家の住所を生活の拠点として

転入届を出しています。

 

 

転入届を出す(住民票を移す)メリット&デメリット

 

転出届を出すと、アレコレぞろぞろと

ついてくるものがあるので、

メリットとデメリットを理解したうえで

転入するかしないか決めるのが

良いだろうと思います。

 

メリット

  • 国民健康保険に加入できるので医療費が3割負担になる
  • 子供の医療費が無料
  • 子供の予防接種で定期接種に決められてるものは無料
  • 児童手当がもらえる(月をまたいで滞在する場合でないともらえない)

(上記は市町村によって多少違いがあります。)

 

デメリット

  • 国民健康保険料の支払い(保険料の起算日は月末)
  • 住民税の支払い(1月1日に日本に滞在してた場合)
  • 年金の支払い
  • 子供の学校入学が義務に
  • 役所での手続きが面倒くさい



スポンサーリンク

国民健康保険

 

国民健康保険は、日本に住民票がある

全ての人が加入します。

 

海外に行く時に、転出届を出せば

支払う必要がなくなります。

 

そして加入する事も出来なくなります。

 

加入する事が出来なくなるというところが、

年金と違うところ。

 

なので日本で病気になったり怪我をしたりして

病院に行った時、医療費が全額自己負担になり

高額になってしまいます。

 

 

国民年金

 

国民年金は、日本に住民票があって

20歳から60歳未満の人に

加入する義務があります。

 

なので転出届を出して、住民票を抜くと

国民年金の支払いが任意になり

払う必要がなくなります。

 

任意なので払いたい人は、

もちろん払えます。

 

住民票が日本にあっても

日本国内で収入がない場合は

免除申請をすることが出来ます。

 

申請が通れば、納付を免除してもらえます。

 

国民健康保険と違って、

転入日が加入日になるので、

その月から支払いの義務が発生します。

 

 

住民税

住民税は、毎年1月1日に住民票がある

市町村から前年度の収入に基づいて

課税されます。

 

1月1日現在、住民票が日本にない場合は

課税対象にはなりません。

 

1月1日以降に転出届を出した場合は

海外在住でも住民税を

支払わなければなりません。

 

まとめ

転出届を出すのは自由なので

メリット&デメリットを理解したうえで

自分の生活スタイルに合った

方法で手続きをすれば良いかと思います。

 

私は今現在は、転出届を出していませんが

娘が学校に行き始め、帰国の頻度が減ったら

転出届を出すかもしれません。

 

まだ、そこまで先の事は考えてませんが・・・







スポンサーリンク