イギリスで妊娠から出産まで

海外在住者が日本の母子手帳をもらう方法【イギリスの場合】

こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

日本では妊娠したら母子手帳を普通に

もらう事ができますよね。

 

母子手帳をもらう時期はいつでも

良いそうですが、あまりに早く

もらってしまうと、流産の可能性も

あるので、ある程度落ち着いてから

もらう人が多いようです。

 

一般的には、産婦人科で言われてから

もらいに行く人が多いようです。

 

私はイギリスに移住してきたので

日本の母子手帳はもらえないと

思っていました。

 

もし住民票を移してなければ

家族に頼んで代理でもらって

来てもらう事が出来ました。

 

でも、住民票をイギリスに移しちゃったので

健康保険も入ってないし、全ての検査も

イギリスでやって行く予定だし。

 

母子手帳は、日本国内で妊娠すると

地方自治体から交付されていて、今までは

海外在住者には配られていませんでした。

 

でも、博報堂と親子健康手帳普及協会が運営している

プロジェクトで、独自に開発した「母子健康手帳」を

海外の日本大使館・総領事館などを通じて、

海外在住の日本人妊婦に向けて、2011年から

無料で提供してもらえることになりました。

 

海外在住の私にとっては、何とも

ありがたい事です。

参考ページ ⇒ 外務省のページ

 

イギリス以外の国にお住いの方は

お住まいの国の日本大使館または総領事館等に

お問合せ下さい。

 

イギリス在住者の場合、日本大使館から

もらいます。

 

もらえる条件としては、

現在妊娠している人、又は出産後間もない人

との事です。

 

受け取り方法としては、以下の3つの方法があります。

  1. 直接大使館に取りに行く
  2. 地方の一日領事館がある時に取りに行く
  3. 郵送で受け取る

 

私は③の郵送の方法で受け取りました。

 

送る時は、母子手帳を送付して欲しい

と書いた送り状と切手を貼った

返信用封筒を同封します。

 

大使館の「Consular Section」宛に送ります。

返信用封筒に貼る切手は

Large 1st か 2ndです。

 

驚くことに、月曜日に送ったら

水曜日に母子手帳が届きました。

 

イギリスでこの対応のはやさ、

感動しました(大げさ・笑)

 

在庫がなくなり次第、終了のようで

来年度以降の予定は、大使館では

わからないそうです。

 

その際は、親子健康手帳普及協会に

問い合わせると良いそうです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


海外での育児ランキング