こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は先日書いた、グラストンベリーに続いて

セント・マイケルズ・レイライン上にある

「エーヴベリー」について書いていこうと思います。

 

イギリスのストーンサークルと言えば、

ストーンベンジがとっても有名ですね。

 

でも、そのストーンヘンジから北へ約30kmくらい

行くと、ストーンヘンジの数十倍の規模を誇る

巨大なストーンサークルのエーヴベリー(Avebury)が

あります。



スポンサーリンク

 

avebury_003

このエーヴベリーもユネスコの世界遺産に

登録されています。

 

そして、ナショナル・トラストによって管理されています。

 

ストーンヘンジはロープがはられていて

石の近くには行けず、直接触る事は出来ません。

 

ストーンヘンジには3回くらい行きましたが、

いつも観光客でにぎわっていて、人がたくさんです。

 

それに比べエーヴベリーは、人があまりいなく

ゆっくり見て回るのには最高です。

avebury_007

そして石に直接触ることが出来て、

かなり開放された状態です。

 

そして入場も無料です!!

 

サークル内に村がすっぽり入ってしまう

大きさで、サークルの中にさらに

小さなサークルが2つ残されています。

avebury_004

小さいと言ってもストーンヘンジよりは

大きいです。

 

ストーンサークルの中を散策すると

あちこちに高さ数メートルの保存状態の良い

巨大な石があります。

avebury_006

遺跡の近くには発掘品などが展示されている

アレキサンダー・ケイラー博物館(Alexander Keiller Museum)

もあります。

avebury_002

あちこち寄り道をしながら行ったので

着いたのが夕方。

 

駐車場の時間18:30までなので、博物館を

先に見てから、ちょっと早歩きでサークルを

見て回りました。

avebury_005

かなり広い・・・

天気は曇りでイマイチでしたが、

とっても気持ちの良い場所でした。

avebury_008

この木の根っこすごかった。

avebury_009

石に登ったりさわったりしながら

あちこち回っていて気づいたら18:40

駐車場が閉まっちゃう~、ヤバイと思い

ダッシュして駐車場に向かいました。

 

係りの人が出口で閉めようと待機してました。

まだ車が4台くらいありましたが

私たちが出た後にゲートが閉まりました。

 

ギリギリセーフ。

 

サークルが大きすぎて、サークルっぽい感じの

写真は撮れませんでしたが、エーヴベリーは

かなりオススメです。

 

今度は時間のある時に、ゆっくり回りたいな

と思っています。

 

エーヴベリーに行く前にちょっと寄り道を

したので、少し紹介します。



スポンサーリンク

 

石灰岩の丘陵地帯に書かれた地上絵で、

フィルヒガー、丘絵、ホワイトホースなどと

言われています。

whitehorse_001

 

ウッドヘンジ(Woodhenge)と言う名前の

木でできたサークルがありました。

 

何の為の物が良くわかりません。。。

woodhenge_001

woodhenge_002

 

シルベリー(Silbury Hill)と言うのがエーヴベリーの

近くにあります。

 

このシルベリーヒルは、標高40mくらいで

ヨーロッパ最古で最大の人口の丘と言われてます。

 

紀元前2500年頃と予想され、建造目的は

不明のようです。

 

ピラミッドや古墳のようなものなのかな?と思いましたが

埋葬の形跡はみられないと言う事なのでナゾです。

silburyhill_001

silburyhill_002

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング



スポンサーリンク