イギリスで妊娠・出産

イギリスで予定日前に出産する事を勧められ占いで出産方法決めた体験談

こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

今回は、イギリスで第2子を出産する時に、医者に予定日前に出産する事をオススメされ、悩み悩んで結局占いに頼って決めたと言う体験談です。

胎児の成長

第1子の時は、胎児に問題はなく、染色体異常の再検査を勧められたくらいで、妊娠中は全て順調でした。

そして第2子の時は、20週のスキャンの時に頭と足が小さめと言われ、12週の時に比べるとお腹だけが急に成長しているとの事でちょっと不安に・・・

そして赤ちゃんがずっと下を向いてるから、心臓のチェックが出来ないと言われ、後日また来るよう言われました。

頭と足が小さいという事で、スペシャルドクターに見てもらうとのこと。

再検査の時、30分くらいずっとチェックをしてくれていたのですが、ドクターは無言で全く何も話さなかったので、何か異常があるのかと検査の間、超~ドキドキでした。

結局異常はなかったのですが、やはり頭と足が小さめでお腹だけが急に大きくなってるとの事で、また後日スキャンで見てもらう事に。

【第二子】21週~2回目の超音波検査が再検査になった こんにちは。 イギリス在住のひゃんぎです。 基本的にイギリスのNHSでは、 妊娠18週~21週の間に2回目...

医者に予定日前に出産する事を勧められた理由

追加でスキャンをしてもらっていたのですが、頭と足が小さめと言われていたのが、後半では頭が小さすぎ、それに対してお腹が大きすぎるとのこと。

スキャンをした後でドクターから説明があるってことで、スキャンした場所から出産病棟まで移動しました。

いつもの事ですが、かなり待たされドクターが来ました。

説明が始まったと思ったら、呼び出されどこかに行ってしまい、また待たされる・・・

そして出産の時のリスクを説明されました。

  • 肩が引っ掛かってなかなか出てこない
  • 出産が長引いてしまう
  • 新生児仮死
  • 低酸素性虚血性脳症
  • 脳性麻痺
  • 上腕骨や鎖骨の骨が折れる
  • 腕の神経がおかしくなる

などなど。

上記のようなリスクがあるから、少しでも胎児が小さいうちに出産した方がリスクが少ないと説明を受けました。

第一子の時に促進剤を使って出産したのですが、それがメチャクチャ辛かったので第二子は自然に陣痛が来るのを待って水中出産をしたいなぁ~なんて思っていました。

でも、リスクをたくさん説明されて、不安になりかなり悩みました。

出産に関して占った結果

イギリスに移住してくる前に、日本で中国占術を習う機会があり、「風水」「四柱推命」「奇門遁甲」「易占い」を少し勉強していました。

性別占いは易占いで占ったのですが、今回は「奇門遁甲」で占う事にしました。

もし、促進剤を使うのはどうか?という事で占いました。

占った結果、促進剤は悪くないような、むしろ使った方が良いという感じででました。

  • 出産そのものは問題ない
  • 産まれた後の赤ちゃんにとって促進剤を使った方が良い
  • 促進剤が赤ちゃんに悪い影響を与えることはない
  • 促進剤の悪影響には負けない
  • 促進剤は良い薬ではないけど、促進剤に助けられる

この時期に私は風邪をひいてしまっていて、咳がすごく出ていました。

咳をした時に、バキッと肋骨のあたりに音がして、すごく痛くて骨が折れたと思いました。

旦那のナビさんは咳で骨が折れる??って笑ってましたが、痛みがすごく寝返りも打てないくらいでかなり辛かったです。

激痛で笑い事じゃなかった。

ネットで調べたら、そういうこともあると結構書かれていたので、骨折れてたと思いますw

それも占いに出ていて、咳や肋骨に症状が出たのは、私が促進剤を嫌がってると言う証拠・・・。

結果的に問題なかった

結果的に、出産も産後も母子ともに全く問題なし。

終わってみれば大したことなかった、なんて思いますがその時は、考えすぎてどうしたら良いかわからず、占いに頼りました。

赤ちゃんも生まれてみたら、別にお腹の大きさ目立つこともなくいたって普通。

スキャンで毎回色々言われていたので、不安になりましたが、そこまで細かく正確に見れるわけではなくザックリなのかな~と感じました。

ちなみに奇門遁甲で占って盤を出したのは私ですが、深く細かく読み解いてくれたのは専門家ですw

第一子の時は、産後色んなトラブルがありボロボロでつらかったのですが、第二子の時はビックリするくらいすごく元気で、何の問題もありませんでした。

次女も現在は2歳ですが、元気にすくすく育っています。