こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は、私とイギリス人の旦那との

出会いから、国際結婚して海外移住

するまでの事を書いていこうと思います。



スポンサーリンク

出会い

私達はイギリスで出会いました。

 

私がボランティア留学でイギリスに

滞在していた時に、近くの町の

剣道クラブに見学に行ったのが

きっかけでした。

 

いつもイギリスに来ると最初の

1か月ですごい勢いで太ってしまいます。

なので運動が必要だと思いました。

 

私は小学校から高校まで剣道をやっていたので

剣道なら出来るかも、と思い見学に

行きました。

 

初めて外国人の剣道の稽古を見たのですが

とても面白かったです。

稽古中の掛け声など全て日本語でした。

 

素振りもイチ・ニ・サン・・・などと

言いながらやってました。

 

みんな日本語喋れるのかな?

なんて思っちゃいましたが、剣道用語だけ

勉強したようで、普通の会話は

通じませんでした。

 

面白そうだったので、参加したいと

思ったのですが、稽古終了時間まで

やってると、終バスを逃して施設に

帰れなくなってしまう事に気づきました。

 

私はすごい田舎の施設で働いてたので

バスは1時間に1本しかありませんでした。

 

なので通うのは無理かなぁ~と

諦めかけてました。

 

そんな時、旦那のナビさんが

家に帰る通り道だから送って行って

あげるよ、と声をかけてくれました。

 

バス代もうくし、ラッキーと思い

お願いする事にしました。

 

そこから自然と仲良くなりました。

 

私の中の最初の彼のイメージは

「豆もやし」でした(笑)

肌が白くてヒョロ長くて頭が黄色。

 

そんな感じだったので、特にビビッときたとか

運命感じたとかは全くありませんでした。

 

私たちの関係は?

全ての人に当てはまる訳ではないと

思いますが、ヨーロッパ人と付き合う時って

日本や韓国のように、お約束みたいのがなく

曖昧だったり、片方の勘違いだったり

付き合ってるのか、付き合ってないのか

わからない状態が続くことが良くあるようです。

 

私も当時良くわからなくて、イギリス人の

友達に聞いたりしました。

 

そしたら、やっぱり何となくだよ、

との回答。

 

その友達も現在の旦那さんとは

何となく始まったようです。

 

でも、もし家族に紹介してもらったり

クリスマスに家に招待してもらったり

したら、相手は付き合ってると思ってる

ハズと言われました。

 

なるほど~と思い、数か月…

 

当時、毎週末車で色んな所に

連れて行ってもらっていました。

 

田舎だったので、バスでの日帰り旅行も

したくてもなかなか厳しかったので

ラッキーでした。

 

ボランティアの期間楽しくイギリス生活

出来れば、良いかな、と思ってました。

 

そしたら、クリスマスの前日に

家に招待してきました。

前日ってのが私には急すぎました。

 

クリスマスの日は施設で七面鳥を

料理して食べる予定だったのですが、

せっかく誘ってくれたので、施設には

参加しない事を伝えて、ナビさんの家に

行きました。

 

当時は火事で家が燃えてしまった後で

部屋を借りていたので、今に比べると狭いけど

不自由のない家でした。

 

そこで初めて、お義理母さんとお義理兄さんに

会いました。

 

お義理母さんはしゃべるの早すぎて

何言ってるかわからないし、お義理兄さんは

知的障害がかなり重く、言語障害があり

ちょっとした単語は言えるけど、何を言ってるのか

わかりませんでした(汗;)

 

クリスマスが終わって数か月後、

ナビさんお伯父さんの誕生日パーティーに

招待していただきました。

 

そして、その数か月後、長男のお義理兄さんの

奥さんの誕生日パーティーに招待してもらいました。

 

そんな感じで色んなイベントに参加

したので、付き合ってるって思う事に

なりました。



スポンサーリンク

 

国際結婚

私が1年間のボランティア留学を終えて

日本に帰国する時は、将来の予定など

全くなく、次いつ会えるのかね?

と言う感じで、今後が良くわからないまま

お別れしました。

 

今の時代、携帯で簡単に連絡が

取れるし、スカイプでビデオ通話も

出来るし、便利だなぁ~と思いました。

 

時差はあったけど、携帯のWhat’s Appで

毎日なんかしら連絡は取っていました。

 

帰国して就職し、普通の日本の生活が

始まりました。

 

当時、金融系の会社にいたので年末は

12月30日まで営業だったのですが、

割と自由に休みが取れるチームだったので

年末年始にお休みをもらいイギリスに

遊びに行きました。

 

その後5月にもイギリスに行きました。

その時にプロポーズを受けました。

 

でもナビさんは計画性がない人なので

プロポーズするだけして、その後の事など

何も考えていませんでした(笑)

 

取りあえず結婚するなら、一度日本に来て

私の両親に挨拶しないと、と言いましたが、

給料のほとんどが、家の建築材料費に

消えて行ってしまう状況だったので

航空券買うのも一苦労と言う感じでした。

 

日本に行く、行く、と言いつつ

なかなか来れず、プロポーズから

7か月後にやっと来日しました。

 

来日した時に、婚姻届けを提出するかどうか

特に話し合っていませんでした。

 

どっちでも良いけど、一応書類

持ってきたよ。と言われました。

 

その時はまだビザ申請条件に

少し足りないものがあったので、

急ぐ必要もないと思ってましたが、

帰国の前々日になって、書類提出

しよう、とか言い始めました。

 

えぇぇ~っ?って感じ。

 

役所に一緒に提出しなければならない

日本語訳をしなければならないから…

 

そんなんで、夜中に翻訳開始。

 

寝不足のまま、当日私の両親に

サインと印をもらい、役所に行きました。

 

結構ドタバタでしたが、週末だったので

警備室に預けその日は終了。

 

本当は結婚する時は、拓日で

吉の日にちと時間を選んで

提出したかったのですが、なんせ

帰国の前日だったので、選べるような

時間もなく、書類完成と共に

役所へ行きました。

 

婚姻届けに不備があったので、翌日に

役所から連絡を受けました。

 

ナビさんを空港で見送ってから役所に行き

記入漏れてた部分を記入して、無事受理されました。

 

式を挙げていなからか、特に実感は

ありません。

 

海外移住

婚姻届けを提出した、約4か月後

イギリスに行きました。

 

その時にビザ申請に必要な英語の

テストを受け、一緒にビザ申請の

準備をしていきました。

 

持ちかえれる書類は持ちかえり、

期限のある書類は、申請直前に

郵便で送ってもらう事にしました。

 

帰国してからビザ申請をし

無事にビザが取れました。

 

ビザ申請に関しての記事は

コチラ ⇒ イギリス配偶者ビザ関係

 

ビザが取れるまではドキドキでしたが

ビザが取れたら安心し、移住の準備を

進めて行きました。

 

主にやった事と言えば、友達に会う事が

中心でした。

 

携帯で気軽に連絡は取れるけど

実際に会う事はなかなかできなくなるから

会える友達には会いました。

 

そして、実家の私物の掃除。

 

留学前に断捨離をしたつもりだったのですが

30年以上住んだ家なので、ガラクタがまだまだ

たくさんありました。

 

全部片づけられないまま、移住してきて

しまいました。

 

そして、最近私の趣味に加わった

中国占術。

 

セミナーを受けられるだけ受けてきました。

 

これはイギリスでもかなり使えるので

習ってきて良かったと思ってます。

 

運の悪い旦那のナビさんで実験してみたら

彼の運気が少し上昇してきました。

 

移住して来た先の家では、同居だし

建築中だし、まだ完成していなく

ホコリだらで不便ですが、

何とか生活しています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 



スポンサーリンク