こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

私がイギリスの配偶者ビザを申請した時に

提出した書類をまとめてみました。

 

すでに過去の古い情報なので、

あくまで参考として見て下さい。

 

とは言え、証明する書類とかは、

そんなに変わる事もないのかな、と思います。

 

書類の準備やオンライン申請に関しては

こちらをご参照ください。

⇒「イギリス配偶者ビザ申請に必要な書類準備

⇒「イギリス配偶者ビザのオンライン申請とビザセンターの予約



スポンサーリンク

 

イギリス配偶者ビザ申請時に提出した書類<2015年6月>

申請フォーム

  • オンライン入力してプリントアウトしたアプリケーション
    Appendix 2(Financial Requirement Form)
    ∟プリントアウトして手で記入
  • Immigration Health Surcharge(IHS)
    ∟Reference numberとPaymentのエビデンス

 

私の情報

  • 最新のパスポート(コピーも)
    ∟コピーは顔写真のページ。パスポート返却時に必要。
  • 過去のパスポート2冊
  • パスポートサイズの写真(Passport photo requirements)
    ∟プリントアウトしたアプリケーションに貼り付け

 

スポンサー(旦那)の情報

  • パスポートのコピーに公証してもらったもの(Certifying a document)
  • 出生証明書の原本(コピー)
  • カウンシルで発行してもらった住所証明の原本

 

英語力の証明



スポンサーリンク

 

二人の関係を証明するもの

  • 戸籍謄本原本(コピー)
  • 戸籍謄本の英訳原本&翻訳証明書(コピー)
  • 婚姻受理証明書原本(コピー)
  • 婚姻受理証明書の英訳原本&翻訳証明書(コピー)
  • 写真(相手の家族と写ってる、スタジオで撮ったウェディング写真など)
    ∟A4サイズにまとめてプリントアウトしました。
  • メール、Facebook、What’sAppなどほんの少しプリントアウト
    誕生日やクリスマスに送ったカード(コピー)

 

<追記/2017年3月>

久しぶりに公式ページを見たら、以前は書いてなかった

下記の事が書いてありましたので、SkypeやWhat’sApp、

一緒に映ってる写真などは、添付する必要なさそうですね。

 

You don’t generally need to send in things like WhatsApp messages, Skype history or photos of you together.

gov.ukから引用

財務証明【Category Aのnon-salaried employmentでの申請】

<旦那>

  • 勤務先に発行してもらったレター
  • 給与明細~過去6か月分原本(コピー)
    ∟6か月分の給料計算をした計算書を添付
  • 銀行口座の取引明細~過去6か月分原本(コピー)
  • 納税証明書P60原本(コピー)

 

<私>

  • 銀行口座の取引明細~過去6か月分原本(コピー)
  • 英文残高証明書原本(コピー)
  • 各口座の残高をまとめた計算表
  • OANDAサイトでレート計算した画面プリントアウト

 

居住関係

  • 義母(家の持ち主)のサイン入りレター
  • 公共料金の請求書原本(コピー)
  • Council Tax 1年分の明細原本(コピー)

 

この書類を提出して、イギリス配偶者ビザが

取得出来ました。

 

提出する前は念入りに何回かチェックして、

つじつまが合わない所がないか、

記入間違えがないか確認しました。

 

【追記】書類提出方法の変更(2017年3月)

2017年3月より書類の提出方法が

ガラッと変わったようですので

これから申請される方は、ご注意下さい。

コチラも参考にしてみて下さい。

⇒ 「2017年3月よりイギリス配偶者ビザ申請書類に電子スキャンが導入

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 

spouse-visa



スポンサーリンク