こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は私が結婚した相手、イギリス人の

旦那について書いてみようと思います。

 

もし、お見合いなどの結婚が目的で

出会ってたとしたら、私はこの人とは

結婚してなかったんじゃないかな、

なんて思います(爆)

 

でも実際結婚したので、これは「ご縁」

だったと思います。



スポンサーリンク

 

プロフィール

名前:ナビさん(本名ではありません)

国籍:英国

身長:185cmくらい

体重:70kgくらい

誕生日:7月31日(ハリーポッターと同じ日らしい)

星座:獅子座

容姿:金髪、青い目

性格:シャイ、おとなしい

趣味:車、ドライブ、剣道

食べ物:何でも良く食べる

口癖:キニシナイ

長所:私のダメダメ英語を理解できる、穏やか、
人の意見を否定しないで取りあえず話を聞く

短所:人に遠慮しすぎ、わけのわからないジョークで
私を不機嫌にさせる、計画性がない

 

趣味

ナビさんの1番の趣味は車です。

uk_160504_04

 

日本では車の修理まで自分でやるくらい

車好きな知り合いはいなかったのですが

イギリスでは、自分で直したり

する人が結構身近にいます。

 

近所でも車の修理をしてる人を

良く見かけます。

 

ナビさんは、かなりの車オタクで

毎日ネットで中古車の価格やパーツを

チェックしてます。

 

趣味なので私はなるべく文句は言わないように

気を付けていますが、部屋に油まみれの

汚いエンジンやパーツなど持ち込んで

来たりする時は、邪魔なのでちょっと文句を

言ってしまいます。

 

主にクラシックカーが好きで

現在、庭に7台くらいの車が

置いてあります。

 

7台も車があるなんて日本だったら

お金持ち、と思うでしょうが

ナビさんは家が火事になって以降

超~貧乏です。

クラシックミニクーパーが5台もあります。

クラシックミニはお金になるので

売ってほしいと思ってますが、

ナビさんは売りたくないようです。

 

しかも庭にある7台全部故障中・・・

普段乗っている車はその他に

2台あって、オンボロ車ですが

一応ちゃんと走ります。

 

最初に庭の車を見た時は、ビックリして

言葉がありませんでした。

 

なんでこんなに壊れた車をキープしているのか

理解できません。

 

完全にクレイジーです。

 

1台はお婆ちゃんが乗っていた車で

それをいつかちゃんと修理して

乗りたいと言っています。

なんともイギリス人らしい考えです。

 

車体はかなり錆びていて、直すのは

結構時間がかかりそうです。

 

現在は家の建築が優先なので

車いじりは最低限にしています。

 

それでも普段乗っているオンボロ車が

たまに調子悪くなるので、直したり

しています。

 

この前、義理兄の車がMOT(日本で言う車検みたいなもの)

に落ちてしまったので、1日有休をとって

直してあげていました。

 

修理が自分で出来ると言うのは

良いですが、なんでそんなに頻繁に

車が壊れるのか疑問でした。

 

新車ならそこまで壊れないと思いますが

クラシックカーは、結構古いので

車の中のパーツを付け替えたりして

ところどころガタが来るんでしょうね。

 

あとナビさんはレースの免許も

持っているようです。

 

普段使わないのに、更新してキープしています。

uk_160504_07

uk_160504_03

 

以前、ブランズハッチに行って

コースを走り、運転を楽しんでいました。

 

その他、週末や平日夜などに車の運転を

教えています。

 

これは完全ボランティアとして

やっているのですが、教えるには

テストを受けて受からないと

教えられないようです。

 

最近は、運転を教える人に

教え方を教える事もしているようです。

 

シャイな性格の割に、自分の好きな事

となると積極的に活動しています。

 

剣道も趣味の一つです。

uk_160504_05

 

大学生の時に始めたようで

結構長い事続いています。

 

私と出会う前は、海外に行くのは

車か剣道の為だったようです。

 

日本には真夏に2回、剣道の合宿の

為に行ったそうです。

 

剣道を始めてから、日本語にも興味を

持ったらしく、出会った頃は、週1回

日本語のクラスに通っていましたが、

今は全く勉強してる様子がありません。

 

剣道の稽古くらい日本語の勉強も

頑張ってくれると嬉しいんですけどね。

 

日常生活

普段の生活を見ていると、かなり義母の

為に動いています。

 

毎週日曜日の午前中は、義母の為に

新聞とクロワッサンを買いに行きます。

 

これを忘れると、かなり機嫌が悪くなるとか…

何で日曜日のお昼にクロワッサンを

食べるのかはナゾです。

 

クロワッサンは結構バターが

使われていると思うのですが、

オーブンで温めて、さらに

バターをのせて食べています。

 

最初の頃は、私も食べていましたが

結構くどいので、最近は断って

食べていません。

食べるとしてもバターはつけません。

 

義母は普段家から出かけないので

食品などの買い物も、ナビさんが

スーパーに買いに行きます。

 

だいたい週1回くらいのペースです。

なので買い物に行くと、かなり大量

買いになってしまいます。

 

オーガニックの食品などは

義母がネットで注文して

毎週決まった曜日に配達されています。

 

昔は義母も車を運転して自分で

あちこち出かけたりしたようなのですが、

最近は運転もしないし、出かけないし

引きこもり主婦となっています。

 

毎日、障害者の義理兄の世話があるので

義母の自由時間は、昼間の4時間くらいです。

 

義母は大抵、毎日夕飯を作りますが

作るのみ担当で、オーブンから取り出したり

皿に取り分けるのは、なぜかナビさんが

やっています。

 

夕飯を作れなかった時はナビさんが

買いに行きます。

 

金曜日だとフィッシュ&チップスです。



スポンサーリンク

 

そして、私が何で?!って思ったのが

毎晩21時になると、なぜか義母に

ココアを作る為に下の階に行きます。

しかもスナック菓子を持って。

 

義母は自分で出来るのに、何でナビさんが

わざわざやってるのか、彼に聞いた事があります。

 

ナビさん本人もわからない、との回答。

でも自分がやらないと、義母は自分で

やらないから…と。

 

自分でやらないなら、それほど

飲みたいわけじゃないのかもしれないから

ほっとけばいいんじゃない?

って思ってしまうんですが(笑)

 

私としては、夜のココアとスナック菓子は

やめた方がいいのでは?と思ってしまいます。

 

だから太るんだよ~って思うんですが、

それを与えれば、義母も義理兄もハッピーだから

しょうがない、と言ってます。

 

義母と義理兄が太る事よりハッピーか

ハッピーじゃないかが重要なようです。

 

かなり義母の機嫌を気にしてるので

その辺が私にはちょっと理解できません。

 

ヨーロッパの男性は、お母さんを尊重&尊敬

する人が多いと聞きますが、ナビさんも

その一人だと思います。

ちょっとtoo muchって気はしますが。

 

でも、母親からしてみれば、自分の

願いを何でもかなえてくれる優しい息子

って事になるのでしょうね。

 

性格

自分でシャイボーイと言っていますが、

実際本当にシャイです。

あまり口数も多くないです。

 

ナビさんの大学の時の友達に会った時に

彼は本当に超~静かだけど

とっても良い人だから安心してね、

と言われた事があります。

 

友達から見ても静かな人って印象みたいです。

私たちは喧嘩をする事がありません。

 

私がブーブー文句を言っても、

全く動じません。

 

そして私が文句を言う時は

だいたい私がきれいに掃除をした所を

ナビさんが汚していく時です。

 

文句を言うと、「ゴメンナサイ」と素直に

あやまってきます。

 

でも、あやまっても、また同じことを繰り返し

また文句を言われ「ゴメンナサイ」と言います。

 

キレイにしたそばから汚されると

もうイヤになります。

 

半端ない汚さなので、日本人の感覚では

ちょっと信じられないです。

 

どんなにキレイにしても一瞬で

汚されます。

現在教育中ですが、なかなか大変です。

 

何でかな?と考えてみたんですが

義母が掃除が出来ない人なので

掃除する事を教わらずに育ってきた

んだろうなぁ~と思います。

 

親戚の家はみんなキレイなのに

この家だけ、汚いので本当に残念です。

 

普段はおとなしいですが、障害者の

義理兄が何かやらかすと、メッチャ

怒ってます。

口で言ってもダメな時は、蹴り倒してます。

 

イギリスでは暴力はいけない事なので

もし蹴り倒して、義理兄が怪我したら

ナビさんは警察に行く事になるようです。

 

でも、手のつけようのない義理兄には

たまには蹴りも必要だと思ってしまいます。

義母が義理兄を殴ったりする事はありません。

 

むしろ義理兄のせいでケガしたり

する事があります。

 

こんな大変な所にお嫁に来てしまって

今後、子育てするにも環境が良くないと

思うので心配ごとが多いですが、

受け入れて適応していくしかないので

頑張るしかないです。



スポンサーリンク