こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

私はイギリス配偶者ビザを申請する事になった時に

色々情報を調べたのですが、公式のサイトは苦手な

英語だし、どのページが自分に合ったページなのか

とか全然わからず、結構苦労しました。



スポンサーリンク

 

情報集めで注意した方が良い事!

ビザを申請する事になったら、

申請条件や必要書類などを確認する事に

なると思いますが、私が経験して

注意した方が良いと思った事を書きます。

 

日本語で書いてあるサイトを調べると

サイトごとに書いてある情報が違ってたり、

本当に提出する必要がある書類は何なのか?

と疑問に思いました。

 

今思うと知らない人が適当に書いていたのか、

間違った情報も結構たくさんありました。

 

また、申請する人それぞれ条件が

違いますから、必要な書類や

お給料の計算方法なども変わってきます。

 

すでにビザを取得された経験者の先輩たちが、

ブログに記録を残してくれていたりして、

ずいぶん参考にさせてもらい助かりました。

 

ただ、もちろんそれは過去の情報なので、

すでに情報が古く、ルールが変わっている

モノもありました。

 

そして私が申請する2か月前に、また大きく

ルールが変わりました。

 

認められる英語のテストも変わったし、

申請料も値上がったし、国民健康保険料の

前払い制度が追加されました。

なので結局は公式ページでちゃんとマメに

調べていかないとダメなんだ、と思いました。

 

あと、ルールが突然変わったりする事があるので、

早く準備しすぎるのも、逆に良くないと思いました。

 

これから申請される方は、公式ページで

しっかり確認して、色んな方のブログや

ネットにある情報は参考程度にするのが

良いと思います。

 

書類集めで注意した方が良い事!

書類集めは細かい規定があったりして

結構大変だと思いますが、証明さえ出来れば、

ちゃんとビザは取れるので、あまりビビらずに

一つ一つ準備をしていけば大丈夫だと思います。

 

迷った書類があったら、取り合えず

提出してしまうのも一つの手です。

 

足りない書類があったらマニラから

「追加で送ってください」と言う

連絡が来るので、書類が足りないから

ビザ出さない、とかそーゆー意地悪な事は

ないと思います。

 

私は新橋のビザセンターで申請しましたが、

スタッフの方の対応もとても親切で、

必要書類がそろっているか一つ一つ

丁寧にチェックしてくれます。

 

内容に関しては、何も教えてくれませんが・・・。



スポンサーリンク

 

財務証明はとても重要

イギリスのビザは世界一厳しいと言われていますが、

ちゃんと条件を満たしていて、それが証明できれば

ちゃんと取得できます。

 

配偶者ビザで一番大切なのは、

財務証明かと思います。

 

私は旦那さんお給料が少なかったので、

これでチョット苦労しました。

残業などしてもらって、クリアしました。

 

また、当時彼が働いていた会社は

年俸制ではなく、時間給で週払いだった為

計算方法が年俸制の人とは違いました。

また、財務証明に関しては、結構細かい

規定があります。

 

  • 発行日が28日以内でなければならない。
  • 銀行取引明細は銀行名の書かれたレターヘッド
  • 口座番号、日付の記載があること
  • 口座名義人は、申請者か申請者のパートナーか2人の共同名義のもの
  • 給料明細と給料が振込まれる口座名義人が同じである
  • 給料明細の額と銀行明細の金額が一致する

 

などなど・・・

証明する書類なので、つじつまが合わない所が

ないようにしなければなりません。

 

2人の関係証明に写真を提出する場合

2人の関係証明に関して写真を提出する人が

結構いると思いますが、どこかのサイトには、

2人の関係を証明する写真は、ちゃんと写真屋で

プリントアウトしたものでないとダメと

書いてありましたが、実際はそんな事ありません。

 

普通にA4用紙にいくつかの写真をまとめて印刷した

画像のあまり良くない物でも私は問題なく

ビザ取れました!

 

公式ページには、結婚式の写真、式典の写真、

一緒に過ごした時の写真、くらいにしか

書いてありません。

 

私は一緒に写ってる写真はもちろん、

お互いの家族と撮った写真を提出しました。

 

結構、神経質になってしまうのもわかりますが、

あくまで基本は公式ページです。

 

追記/2017年3月

公式ページに下記の事が記載されていたので

今後、SkypeyaWhat’sAPPの履歴や

一緒に撮った写真などは提出する必要なさそうですね。

You don’t generally need to send in things like WhatsApp messages, Skype history or photos of you together.

gov.ukから引用

 



スポンサーリンク

 

タイムスケジュールを考えてから申請する

タイムスケジュールに関しても少し

注意が必要です。

 

オンライン申請してから1か月以内に

ビザセンターに行って書類提出。

 

急いでる人やお急ぎサービスを

利用する人は、関係ないかもしれませんが、

ビザの開始日はオンライン申請から

3か月後まで。

 

ビザ開始日から1か月以内にイギリスに入国

しなければならない。

 

と言うか、ルールが変わったので、

1か月のビザが、パスポートに貼られてきます。

 

イギリスに入国してから、BRPカードを

指定の郵便局に受け取りに行きます。

 

BRP(Biometric Residence Permit)とは

生体認証を含む滞在許可証です。

 

このBRPにビザの期限などが記載されています。

イギリス入出国する際は、パスポートと

BRPを提出します。

時間がない方やお金はあるけど不安、

と言う方は、エージェントにサポートして

もらうのもアリだと思います。

 

安心と時間の節約になると思います。

イギリス配偶者ビザ申請に必要な書類準備

も参考にして下さい。

 

ビザのルールは頻繁に変更されてるので

最新情報を公式ページで確認してくださいね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 

spouse-visa



スポンサーリンク