こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回はワーキングホリデーなど海外留学をして

心配になる帰国後の就職について書いて

みようと思います。

 

私は今まで3回留学を経験しました。

1回目は韓国に語学留学、2,3回目は

イギリスでボランティア留学です。

 

続けて留学したわけではなく、

留学と留学の間は何年かあいています。



スポンサーリンク

 

留学前から転職を何度か繰り返していたので

留学後に就職しては退職して、また留学

すると言う感じでした。

 

私は特別な資格を持ってる訳では

ないのですが、あまり会社の業種に

こだわりがなかったからなのか、

探し始めるとわりとすぐに毎回就職が

決まりました。

 

職種は、経理・財務・一般事務・総務

など事務職をやっていました。

 

イギリスボランティア留学から帰国して

少し変わったのが、英語を使う仕事

になった事です。

 

英語を使うと言っても、私は英語に

全く自信がなかったので、面接の時に

「抵抗はありませんが、自信もありません」

と正直に伝えました。

 

普通だったら不採用となると思うのですが、

印象が良かったようで(扱いやすそうな性格?!)

採用されました。

 

メールでしか英語は使わないから

辞書引けば大丈夫、と言われ面接官の

個人的な興味で、ボランティア留学について

質問され雑談となったりしました。

 

大手の会社だったのに、結構適当

なんだなぁ~と思いつつ勤務しました。

 

実際、メールのやり取りは海外の

会計事務所とでしたが、相手も英語が

母国語ではない為、お互い正しい

英語ではなく理解に苦労しましたが

結構何とかなるもんです(笑)

 

良く、ワーキングホリデーはホリデーと

言う単語が入っているし、一定の英語力の

規定もないので、就職に有利にならない

と言う事を聞きます。

 

どーせ遊んできてんでしょ?みたいな事を

言う人もいるようです。

 

でも遊んで何が悪いの?って私は個人的に

思ってしまいます。

 

日本では出来ない貴重な経験と

30歳までしか利用できない制度が

あるのだから、やりたい人は

どんどん参加すればよいと思います。

 

31歳になってワーホリに行きたいと

思っても、もう遅いのです。

 

私がそうだったので、まだ年齢的に

可能で参加したいと思ってる人は

絶対に行くべきだと思います。

 

帰国後の就職の不安とか色々あるとは

思いますが、それは本人次第だと思います。

 

一緒にボランティアに参加していた

友達も帰国してからが不安、などと

言っていましたが、帰国後ちゃんと

仕事を見つけて就職していました。



スポンサーリンク

 

ワーキングホリデーや留学中に

何をするか、何を学ぶか、どんな経験をするか。

 

ワーホリビザは現地で働く事が出来るので

就職する事もできます。

これはすごい事だと思います。

 

イギリスでは働くビザは厳しくて

取得が難しいです。

 

就職して働けば、それが経験となって

帰国後の就職活動の時に堂々と

自分がしてきた経験をアピールできます。

 

仕事も遊びも旅行も、何でも経験できる

ワーホリはとっても貴重な体験となるハズです。

 

また語学留学の人は、英語のテストなど

受けてレベルをアピールする事も

できると思います。

 

ボランティア留学に関しては

私の経験だと、興味を示す面接官と

興味を示さない面接官がいました。

 

これは完全に面接官の性格に

よるものだったりするかも?

と思いました。

 

海外に転勤していた人だとわりと

理解があったり。

 

帰国後の目指すものがある人は

それに向けて留学中の目標やプランを

しっかりたてるのが重要だと思います。

 

例えばキャリアチェンジしたい人は

それに合った資格を海外で取得するのも

良いと思います。

 

帰国後の就職で英語を使いたい人は

英語を勉強するのはもちろんですが、

何も日本で就職する必要はないと思います。

海外で就職してる人もたくさんいます。

 

一度、海外で生活経験があるので

文化や考え方の違いを理解したり

度胸もついてると思うので、海外に

出てみるのも一つの道だと思います。

 

留学後の就職は難しいとか不安とか

思う人はたくさんいると思いますが、

考える角度を変えれば、可能性は

留学前より広がるのではないかな、

と私は思います。

 

世界は広いです。

 

帰国後の事が不安で、留学をしたいのに

ためらってる人は、本当にもったいない

と思うので、取りあえず行動してみて下さい。

 

私みたいに年齢過ぎてワーホリ行きたかった、

と後悔しても遅いのです。



スポンサーリンク