イギリスはEU残留か離脱か?気になる国民投票が6月23日に行われます

こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

家のペンキ塗りで筋肉痛です。

イギリスがEU(欧州連合)に残留するか離脱するか

を問う国民投票が2016年6月23日(木)に

行われます。



スポンサーリンク

 

イギリスでは、EU離脱を問う国民投票は

「Brexit(ブレグジット)」と呼ばれています。

 

「Britain」と「Exit」を掛け合わせて

「Brexit」になったそうです。

 

最近はこの離脱問題に関してテレビで

やっているのを良く見ます。

 

英国首相であるデイビット・キャメロン氏は

EU残留派で熱く語っていました。

 

移民は経済に貢献しているから、

福祉目当ての移民を制限すれば

悪い影響を減らすことが出来ると

考えてるようです。

 

また、日本からの投資や日本企業の

イギリスでの雇用はとても重要なので、

ロンドンから離れてほしくないとの事です。

 

もしEUを離脱したら海外からの投資が減る

リスクがあるようです。

 

私は、趣味でFXをたまにやっているのですが

この、EU離脱問題の結果によっては

金融市場に大きな影響を与える可能性が

あると言われているので、あまり知識のない

初心者の私はコワイので、しばらく

FXはやらない事にしました。

 

もし「残留派」が支持となった場合は

ドル/円相場上昇が期待されると

言われてます。

 

また「離脱派」が支持となった場合、

ドル/円相場は急落と言われています。

 

こればっかりは今の時点では誰にも

わかりませんね。



スポンサーリンク

 

私は配偶者ビザでイギリスに滞在している

日本人なので投票権は、ないと思っていました。

調べもせず勝手な思い込みでした。

 

でも旦那のナビさんが、いつの間にか

オンラインで私の投票権を申請してくれていた

ようで結果、私にも投票権が与えられました。

 

ナビさんいわく、投票権あるのか

良くわからないから、取りあえず

申請してみた、との事(笑)

 

申請の時には、National Insurance Number(国民保健番号)

が必要です。

 

オンライン申請後、郵送での投票を

登録する用紙が送られてきたので

私の生年月日やサインを記入して

返送しました。

 

そしたら、投票用紙が郵送で

送られてきました。

 

本当に日本人の私にも投票権があるのか

今でも疑問です。

 

何かの手違いで登録されちゃったんじゃないかな?

なんて未だに思っています。

 

ネットで調べても日本人に投票権が

あるような事が出てきません。

 

誰か知っていたらぜひ教えて下さい。

これが送られてきた投票用紙↓です。

vote_002

 

自分が投票したい方に×印を記入します。

上段が「残留」で下段が「離脱」です。

vote_004

 

AとBに分かれていて、Aの用紙の上部を切り離します。

切り離した上部の用紙に生年月日と

サインを記入します。

 

Aの下部の用紙は封筒のようになっているので、

×印を記入した投票用紙をAの中に

入れて、テープをはがして封をします。

 

その後Bの封筒にAの生年月日とサインを

記入した用紙、Aの投票用紙を入れた封筒を

同封して、封をしてポストに投函します。

vote_003

 

私は郵送での投票にしましたが、

当日の6月23日は、会場に投票しに

行く人もいます。

 

ナビさんは通常業務とは別で

23日は夜遅くまで、お手伝いに

行くそうです。

 

EU離脱か残留かによって、イギリスの

ビザに何かしら影響があると

思うので、結果が気になるところです。

 

どうかこれ以上厳しくなりませんように☆

 

追記

やはり日本人の私には投票権は

ありませんでした。

 

まっ、それが普通ですよね。

 

何かの手違いでイギリス人だと

思われていたようです。

 

数年に1回くらい家に住んでる人の

名前と国籍の確認があるようで

その時に判明しました。



スポンサーリンク