胎児の染色体異常の検査結果で再検査をすすめられ私達が出した決断

こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は、以前書いた「超音波検査」の

記事の続きです。

 

妊娠12週の時にNHSで初めて超音波検査を

受けた時に、染色体異常の検査も一緒に

受けていました。

 

リスクが高い場合は3日以内に電話で

連絡が来ると言われていました。

 

電話が来ない事を願っていましたが

検査を受けた翌日の朝にミッドワイフから

電話がありました。



スポンサーリンク

 

ミッドワイフは検査結果について

話し始めたのですが、正直聞き取りにくい

英語の発音で何を言ってるのか半分以上

聞き取れませんでした。

 

アメリカのデータでは・・・、

イギリスのデータでは・・・

などと、確率の話しをしている事は、わかったのですが

細かい部分が全く理解できませんでした。

 

でもすごく大切な話なので、正直に

「英語がちゃんと理解できないので

旦那さんから電話をかけなおすので

彼に説明してもらえますか?」

と聞きました。

 

そしたら「もちろん!」と言って頂けたので、

電話番号を確認して、ナビさんからミッドワイフに

電話をかけてもらいました。

 

何となくわかっていましたが、染色体異常の

確率の話しと再検査のススメでした。

 

染色体異常検査は3種類ありました。

  • ダウン症候群(21トミソリー)
  • エドワーズ症候群(18トミソリー)
  • パトー症候群(13トミソリー)

 

そのうち私が、再検査をすすめられたのは

「ダウン症候群」でした。

 

他の2つは確率がとても低かったので

再検査をする必要はないとの事です。

 

高齢になるほど、ダウン症児が生まれる

確率は高くなります。

 

私の年齢でダウン症児が生まれると

言われている確率より、出た結果が

少しだけ、高かったのです。



スポンサーリンク

 

ミッドワイフ(助産婦)から提案された事

  1. 何もしない
  2. 14週までに胎盤生検(Placental biopsy)を受ける(1~2%流産のリスクあり)
  3. 16週頃に羊水検査(Amniocentesis)を受ける(1~2%流産のリスクあり)
  4. プライベートの病院に行って有料の検査を受ける(流産のリスクなし)

 

ナビさんがミッドワイフに電話したら

上記の1~4の事を言われました。

 

夫婦でよく考えて、結果を電話連絡するように

言われました。

 

私は、初めての経験だし、どうして良いか

わからず、ずっと「どうしよう、どうしたら良い?」

と考えていました。

 

考えたって答えがあるわけではないし、

正しいとか間違ってるって事でもないし。

 

答えは私達で出さなければならない。

 

そしてナビさんと話し合った結果、

私達は「①何もしない」を選びました。

 

理由としてはいくつかありますが、一番の決断

原因となったのが、ナビさんの発言でした。

 

「もし障害があったとしても、自分たちの子供

と言う事が重要なんだからもちろん受け入れるよ。」

と言いました。

 

彼ならそう言うだろうとは、思ってましたが。

ナビさんの次男の兄は、重度の知的障害です。

 

なのでナビさんも私も比べる対象が

次男のお兄さんになるので、ダウン症は

そんなに重度の障害とは思えません。

 

イギリスでボランティア留学をしていた時に

施設にダウン症の子がいました。

 

喋れる、意思の疎通が出来る、自分の

やるべき事がわかっている、と言う感じでした。

 

もちろん、個人差はあると思いますし

ダウン症について全て知ってるわけでは

ありませんが、とても明るくて素直な子

だった事が印象的でした。

 

そういう経験もあって、再検査をして

もしダウン症とわかったとしても、

妊娠継続を諦めると言う選択は、

私には出来なかったと思います。

 

あと、②③を選んだ場合、1~2%流産の

リスクがあるようですが、検査結果の数字を

確率に計算しなおすと、流産のリスクと同じ

ような確立になりました。

 

検査を受ける前から12~16週あたりは

日本に一時帰国する事を決めていました。

 

なので②③の検査を受けるなら、予定を変更

する必要がありました。

 

でも、私は何かを決断する時に

流れに任せる、と言う事を良くします。

まっ、要は優柔不断なんですが・・・

 

なので、日本に帰国する事を前から

決めていたんだから、検査は受けなくても良い、

って事かも…と勝手に解釈しました(笑)

 

イギリスも日本も検査でダウン症と

分かったら90%以上の人が

妊娠継続を諦める、と言うデータがあります。

 

この数字は検査を受けた人だけが

対象なので、検査を受けない人は

含まれません。

 

なので、覚悟を決めた人たちが検査を

受けているんだな、と思いました。

 

私みたいに、妊娠継続を諦める事が

出来ない人達は、検査を受けない

のかもしれません。

 

良いとか悪いとか、正しいとか間違ってる

って言う答えはないので、親となる人達が

決める大きな決断ですね。

 

赤ちゃんはお母さんを選んでお腹に来ると

いいますが、どういう風になるのか

全てわかっててお腹に来ると言う

話しを聞いた事があります。

 

なので、たとえ妊娠継続を諦めても

罪悪感を持つ必要はないそうです。

 

何とも不思議な話ですが、体内記憶を持つ

子供たちがみんな同じような事を言うそうです。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング

Prenatal Checkup



スポンサーリンク