こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

先日、妊娠20週になりました。

 

イギリスでは基本的に2回しか超音波検査(Ultrasound)が

ないのですが、その2回目の超音波検査を

受けてきましたので、内容を書いていこうと

思います。



スポンサーリンク

 

1回目の超音波検査体験記はこちら

1回目は「Dating Scan」と言って10~14週くらいに受けます。

2回目は「Anomaly Scan」と言って18~20週くらいに受けます。

 

前回、予約時間ギリギリに到着したので

今回は超~早めに行きました!

 

予約時間の45分くらい前に到着したので、

余裕でした。

 

予約の時間ちょうどくらいに名前が呼ばれ

今回は、内容の説明や採血、体重チェックなどはなく

すぐに検査の部屋に通されました。

 

担当のスタッフは、すごいフレンドリーでしたが

メッチャ早口で、何言ってるかわからずでした。

 

生年月日を聞かれていたようなのですが、

私の耳が会話をキャッチ出来ておらず・・・

 

ナビさんが「もう少しゆっくり喋ってもらえますか?」

と言ってくれたのですが、喋るスピードは

変わらずでした。

 

さっそく、お腹にジェルをのっけられ

「チェックする所がたくさんあるから

頭から見ていくわね~。」

と言われ検査開始。

 

「今、赤ちゃんの頭がお腹の右側に来てて

上を向いてるわね。」と説明してくれました。

 

モニターを見ても私にはどの部分なのか

説明がないとわかりませんでした。

 

私は、まだ胎動を感じていないので、たまに

お腹の赤ちゃんは本当に生きてるのかしら?

なんて思ったりもしましたが、

モニターを見る限り、すごい元気に

動いていました。

 

まずは頭のサイズや脳のチェック。

 

サイズも普通だし、問題ないと言って

「Lovely」と連発していました。

やたら「Lovey」を使う方でした。

 

次は、鼻と唇の周辺をチェック。

唇が裂けたりしていない事を確認して

また「Lovely」と(笑)

 

いたって普通で、問題ないとの事。

 

「問題があったら、ちゃんとこの場で伝えるからね。」

と言って次は心臓やお腹のあたりのチェック。

 

心臓が動いてるのも確認出来ました。

心臓に穴が開いていないかも確認していたようです。

そして突然「起き上がってジャンプしてもらえる?」

と言われました。

 

ちょっと角度が悪くて見えにくい所があるとの事。

ベットから起き上がって、何度かジャンプして

またベットに横になりました。



スポンサーリンク

 

「かなり見やすくなったわ。ありがとう。」

と言われチェックは続きます。

 

さっきまで上を向いていた赤ちゃんは

ジャンプ後、反対の下向きになったようで

今は床の方を見てると言ってました。

 

あんな少しのジャンプで、そこまで

体制がかわるもんなのね~と思いました。

 

足のチェックなどして、一通り終わったようで

「何か質問ある?」と言われました。

 

私は「性別が知りたいです!」と言って

性別を見てもらいました。

 

占いで女の子と言われたので、気分はすっかり

女の子でしたが、名前を考えたり色々

準備したりするのに、性別がちゃんと

わかっていた方が良いと思い、聞きました。

 

性別占いに関しての記事はこちら

 

すぐに見てくれました。

「I think…. Lovely girl.」と言われ、

おぉぉぉぉ~っ、やっぱり女の子だったのね。

 

これで、男の子が生まれて来たらビックリ

しちゃいますが、その時はその時って事で。

 

30分くらい色々チェックしてもらい

検査終了!

 

特に何の問題もなく、全て平均値と言われ

一安心しました。

 

気になるダウン症の件ですが、

首のあたりのむくみもチェック

してくれていましたが、特に

何も言われませんでした。

 

今後も何の問題もなく順調に

成長してくれたら良いな、と思います。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


海外出産ランキング



スポンサーリンク