こんにちは。

イギリス在住のひゃんぎです。

 

今回は配偶者ビザ申請時に必要な

英語のテストに関してです。

 

2015年4月6日から大きな変更がありました。

現在イギリス政府が認めている英語の試験は

GESEとIELTSの2つになります。

 

そのうち日本で受けられるのは、IELTSのみです。



スポンサーリンク

 

私はビザを申請する1か月くらい前に

イギリスに旅行で来ていたので

日本では受けられない、GESEのグレート2

と言うテストを受けました。

 

英語には全く自信がなくて、英語のテストなんて

今まで受けた事がありませんでした。

 

なのでスピーキングとリスニングだけで

超~簡単なGESEを選びました。

 

配偶者ビザで求められているレベルはA1なので、

かなり簡単です。

 

A1レベルがGESEのグレード2と言うレベルになります。

日本より適当なイギリスとは言え、テストを受ける手順は

結構しっかりしていました。

 

ロンドンのハーマースミスで受けました。

 

受付でテストを受けに来ました、と伝えると

スタッフが迎えに来るから座って待ってて、

と言われ5分くらい待機。

 

スタッフが来たら、関係者以外は入れないセキュリティの

しっかりしたエリアへ移動。

 

パスポート以外の荷物はロッカーに預ける。

2名のスタッフがパソコンに向かって作業していました。

 

最初に1名の方へ行くと、私のパスポートをスキャンし

オンライン予約した時の情報と、照らし合わせ間違いが

ないか確認。

 

もう1名のスタッフの方へ行くと、今度は声を録音するから

マイクに向かって1から10までしゃべってください、

と言われました。

 

そして耳にイヤホンなどついていないか

確認するために髪の毛をあげて耳を見せる。

 

その後、30~40分くらい待って、

やっとテストを受ける部屋へ移動。

 

普通の会話からから始まったので、

最初はテストが始まっていると

気づきませんでした(笑)

 

今度は、絵を見て説明をするよう言われる。

笑っている人は何人いますか?

ジーンズをはいている人は何人いますか?

などなど・・・。

 

で、テスト終了!



スポンサーリンク

 

部屋から出ると、すぐにあなたAよ、

と言われました。

 

Aの意味が分からず、Aって何ですか?

と質問すると一番良いレベルとの事。

Distinctionだって。

 

ビザの為だけに受けたテストだし、

全く自慢できるレベルではないので、

あぁ~そうなんだぁ~

と思っただけですが、とりあえずビザの為に

必要な事が一つ終わってホッとした。

 

このわずか6分くらいのテストで£150デス。

もうホント高すぎ。

 

証明書の発送状況はフェイスブックで

確認できると言われたのですが、

確認する前に書類が届きました。

1週間もかかりませんでした。

 

送ってもらうのは、日本の住所でも

大丈夫でしたが、私はイギリスの

旦那の住所にしました。

 

このテストの有効は2年間しかないので、

次回、配偶者ビザを延長する時には

また高いお金を払ってテストを受けなければなりません。

それまでに、決まりが変わってなければ・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


イギリスランキング

 

spouse-visa



スポンサーリンク